デジタルサイネージ市場の将来について

デジタルサイネージ市場の将来について

 

都市部の交通機関などにおいて徐々に浸透しつつあるデジタルサイネージ。従来のポスターや看板よりも人目を惹き、広告効果は絶大です。しかし、デジタルサイネージは今後も市場が拡大し本当に普及していくのか、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、現在のデジタルサイネージの市場規模はどの程度なのか、そして今後どのように成長していくと予想されているのかについて詳しく解説します。

技術

デジタルサイネージとは会社の資料や、ニュース、街頭ビジョンを加え、本社のお採用情報や大型施設に搭載されているデジタルの広告モニターのことです。年々需要は高まっており、新しいメディアとしてとても注目されています。店では商品の一覧を表示させて販売したり、クラウドのようなオンライン型のもので顧客情報を管理していたりビジネスの規模もどんどん拡大していきました。

他の記事では社内、営業シーン、セミナー、バス、自治体、タクシー、株式会社の社員同士の情報共有などでの効果的なシステムの利用方法や、製品や機器の価格に関しても紹介しています。今では様々な情報を発信できる媒体になっており、レポートを出したり管理するのも容易になっているのでデジタルリテラシーがない顧客の方も使う対象となっているツールになります。
世界市場の動向から見ても年々需要が高まっているので注目するべき内容となっています。

 

デジタルサイネージ|日本の始まりの歴史

技術

 

そもそもデジタルサイネージとは店頭に設置したテレビでプロモーション映像や広告を流したのが始まりとされており、ルーツを辿れば1980年代や1990年代にはすでに存在していたことになります。しかし、本格的に普及してきたのは薄型の液晶テレビが登場してからのことで、特に2010年代に入ってからは液晶パネルの価格が下がったことが大きく影響を与えています。

当初はブラウン管テレビにビデオデッキを接続し、繰り返し同じCM映像を流すだけであったデジタルサイネージも、インターネットへの接続が可能になると配信方法も多様化。現在ではクラウドサーバーからコンテンツの一斉配信が可能なクラウド型デジタルサイネージが主流になりつつあります。

 

デジタルサイネージの市場規模

技術

インターネット広告の企画や制作を手掛けるサイバー・コミュニケーションズが2019年に行った調査によると、デジタルサイネージの広告市場は2018年時点で665億円を誇り、2023年にはおよそ倍の1,200億円以上の市場規模になると予測しています。

このなかでも圧倒的な比率を占めるのが交通広告とされており、2018年の実績では6割以上のデジタルサイネージが交通広告として利用されているとのこと。身近な例を挙げるとすれば、山手線などの電車内での広告が一斉にデジタルサイネージに切り替わっていたり、駅のホームや改札付近へのデジタルサイネージの設置などもあります。

このほか、商業施設や店舗、屋外での利用がメインとなっており、今後もこれらのシーンでデジタルサイネージは活用されていくものと考えられています。

 

デジタルサイネージのこれからの展開

駅や商業施設など、身近なところで普及が進み見慣れた光景になりつつあるデジタルサイネージですが、今後どのように進化していくのでしょうか。その裏にはテクノロジーの発展が大きなカギを握っています。

技術

 

5Gによってより成長が加速する

次世代通信技術である5Gが普及していくと、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)といった先進的な技術がデジタルサイネージに活用されるようになります。たとえばVRが一般的になると、立体的な表現を広告に活用できるようになり、タッチパネルを操作して見たいポイントを拡大したりさまざまな角度から広告を見ることも可能になるでしょう。

ARの場合は、鏡のように自分自身をディスプレイに映し出し、アパレル商品や小物類などをバーチャルで試着できるようなデジタルサイネージの活用も見いだせます。

VRやARのコンテンツは従来の映像や画像データよりもはるかに容量が大きく、ダウンロードに時間がかかってしまいます。しかし、従来の4Gに比べて最大100倍もの通信速度を誇る5Gが広く普及していけば、日常的にこれらのコンテンツが楽しめるようになるはずです。

5Gは2020年3月から商用サービスが開始されましたが、あくまでも都心を中心とした一部のエリアに限定されているのが現状です。現在の4Gのように全国各地で利用できるようになるためには、少なくとも数年単位の時間を要すると予想されています。

 

デジタルサイネージに対するAIの活用

5Gと並んでデジタルサイネージに関連性が高い技術とされているのが、AI(人工知能)です。すでにデジタルサイネージ以外にもAIの技術は採用が始まっており、業務効率化や革新的なサービスに役立てようと考えている企業も少なくありません。実は一部のデジタルサイネージにはすでにAIが搭載されており、目の前に立った人の年齢や性別などを自動的に判別し、それにマッチした広告コンテンツを表示させるサービスも存在しています。

AIの本質は大量のデータ群からさまざまな傾向や法則を判別し、瞬時に最適解を導き出すというもの。そのため、AIの判断材料となるのはデータであり、このデータがなければAIの予測精度は大幅に低下してしまいます。そこで、デジタルサイネージの用途においては、できるだけ多くのデータを収集することが普及の第一歩となります。

都市部だけではなく、地方のいたるところにもデジタルサイネージが普及していくようになれば、エリアごとに異なる地域特性やニーズの傾向なども分析できるようになり、そのデータをマーケティングに活かすこともできるでしょう。

 

デジタルサイネージ市場について|まとめ

デジタルサイネージの市場は年々拡大傾向にありますが、現状では全国各地いたるところに広く普及しているとはいえない状況です。市場規模としても広告業界全体から見ると大きいとはいえず、今後急速に拡大していくのは間違いないでしょう。しかし、単にポスターや看板がディスプレイに置き換わっただけでは付加価値が大きいとはいえません。今回紹介してきたように、5GやAIといった次世代の先進的な技術がデジタルサイネージの市場を引っ張っていく重要なカギを握っているといっても過言ではないのです。

導入を考えている方、商品の概要を知りたい方はこちらへ
https://droots.inc/

技術
最新情報をチェックしよう!