デジタルサイネージ|価格相場について

デジタルサイネージにかかる価格相場について

費用対効果の高い広告を展開するために、従来のポスターや掲示板以外にデジタルサイネージの導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。視認性が高く多くの人に注目してもらえるデジタルサイネージは、次世代の広告としても注目されています。

しかし、デジタルサイネージの導入にあたって気になるのが初期費用やランニングコストといった費用面での課題です。

そこで

今回の記事では、デジタルサイネージの導入にあたってどの程度の価格相場なのか、さらには費用の内訳についても詳しくポイントを抑えて解説していきます。

デジタルサイネージとは店舗で商品一覧を表示させたり、様々な環境で使われている電子モニターです。製品の導入にあたって必要なものはたくさんあります。再生機器、usb、stbなどがあり、端末機材だけでたくさんあります。ですが、紙媒体より映像の制作やコンテンツの管理や追加が簡単に行うことができ、難しい知識がなくても気軽に操作をすることができます。これからも市場が伸びていく可能性は高い傾向あると言われており、実際に多くの業者が参入しています。

他の記事ではスタンド型・壁掛け型・タブレット型など最適なシーンに合わした使い方や、企業での情報共有・案内や顧客との商談などでの導入事例などを紹介しています。最近では画像の管理や基本的な画面操作もサポートしてくれるソフトが多数のメーカーから出ておりとても使いやすくなっています。他にもデジタルサイネージのレンタルや安く費用を抑えて導入する方法や機器別のサービス内容の違いなども閲覧可能ですので見ていってください。

  1. デジタルサイネージの活用事例について
  2. デジタルサイネージの自作でコンテンツ制作
  3. デジタルサイネージの不具合について
  4. デジタルサイネージの効果やメリット
  5. デジタルサイネージの成功事例
  6. デジタルサイネージのコンテンツ制作
  7. デジタルサイネージの導入|オフィスサイネージ
  8. デジタルサイネージ|タッチパネル式の価格
  9. デジタルサイネージの画面サイズの選び方
  10. デジタルサイネージ導入事例|病院
  11. デジタルサイネージ成功事例|車屋等
  12. デジタルサイネージ|タッチパネル式とは?

デジタルサイネージ

デジタルサイネージの価格相場について

働き方改革

デジタルサイネージを導入する際にかかるコストとしては初期費用とランニングコストの2パターンに分類されます。

まずは初期費用の内訳と概算の金額について紹介します。

ディスプレイの本体価格

デジタルサイネージは大型のディスプレイやプロジェクターを用いて広告を掲示しますが、導入にあたってはまずディスプレイを購入しなければなりません。一口にディスプレイといっても、設置場所によって屋内用のものと屋外用のものがあり、当然のことながら本体価格も大幅に変わってきます。

屋内用のものであれば一般的な大型テレビやモニターのように10〜30万円程度で購入できるものも多いですが、防水防塵に対応した屋外用の大型ディスプレイとなると50〜100万円以上するものもあります。

また、複数のモニターを組み合わせて利用するマルチ対応のディスプレイとなるとさらに高額なコストがかかることも少なくありません。

設置工事費用

ディスプレイ本体の購入価格以外にも、初期費用として欠かせないのが設置工事費用です。

たとえば通路やフロアに立てて設置するデジタルサイネージもあれば、壁面などに掛けて設置するタイプのものもあります。

設置場所や取り付け作業の難易度によっても工事費用は変わってきますが、一般的に数万円程度のコストがかかると考えておきましょう。

もちろん工事会社によっても料金相場は変わってくるため、同じ作業内容であっても多少金額は異なります。

できるだけ安く仕上げるためには、複数の工事会社から見積もりをとって比較してみるのがおすすめです。

デジタルサイネージ価格相場|継続コスト

コスト

次に、デジタルサイネージを設置するうえで欠かせないランニングコストについて詳しく解説します。

今回は4つのコスト内訳を挙げてみました。

本体のレンタル費用

デジタルサイネージは本体を購入するケース以外にも、レンタルやリースとして契約を結ぶ方法もあります。

店頭や会社のエントランスなど、常時設置しておくような場合であればディスプレイを購入したほうが安く収まることも多いですが、たとえば期間限定のイベントやキャンペーンの開催時にのみ利用したい場合もあるでしょう。

一時的な活用を前提とするのであれば、本体を購入するのではなくレンタル契約を結んだほうがコスト削減につながります。

また、数十万円単位の初期費用を支払う余裕がない場合であっても、レンタル契約であれば月額数万円程度で利用できるプランも少なくありません。

通信費用

スタンドアロン型ではなくネットワーク接続に対応したデジタルサイネージを導入する場合は、インターネット接続のために通信費用が毎月発生します。

たとえば屋外で電源しか確保できないような場所であれば、別途モバイルWi-Fiルーターなどを契約して通信環境を構築する必要もあるでしょう。

通信事業者によっても多少料金は変動しますが、モバイルWi-Fiルーターは月額数千円程度のコストがかかります。

ネットワークに接続しないスタンドアロン型であれば通信費用は不要ですが、コンテンツを手作業で更新しなければならない手間もかかるため、どちらが適しているのか検討が必要です。

コンテンツ制作費用

表示する広告の内容について、自社で制作できるのであれば問題ありませんが、もし広告会社やデザイン会社に依頼するのであれば制作費用も必要になります。

これは従来のポスターや掲示板などでも同じであるため、あえて詳しい説明をする必要もないかもしれません。

ただし、ポスターなど紙媒体のコンテンツに比べると印刷コストや配送コストが抑えられるため、企業によってはデジタルサイネージ向けコンテンツのほうが多少コストが安くなることもあるようです。

電気代

サイネージの大きさやディスプレイの明るさによっても電気代は大幅に変わってきます。

設置場所によってもディスプレイサイズと明るさの適正値は異なるため、まずはどこに設置するのかを決めるようにしましょう。

デジタルサイネージ価格相場|まとめ

デジタルサイネージ

サイネージの導入にあたって重要なのは、どの程度のコストがかかり、それによってどの程度の広告効果が見込めるのかという費用対効果です。

設置場所や用途、販売する目的によっても必要な性能や機能、ディスプレイの大きさも異なるため、用途や予算、導入した場合の効果を正しく検証したうえで導入を決めるようにしましょう。

他の記事では故障をしないための注意点、メンテナンスの費用の押さえ方、様々な情報の掲載の活用法、スケジュールの共有などマネジメントで使える導入事例も紹介しています。

システムの導入を検討している方はこちらへ
https://droots.inc/

デジタルサイネージ
最新情報をチェックしよう!