デジタルサイネージのタッチパネルのレンタルとは?

デジタルサイネージを導入しようと考えたとき、多くの方が悩みがちなのが高額な費用についてです。本来、ポスターや看板を制作するだけであれば最小限のコストで済むものが、デジタルサイネージともなると導入時に数十万円もの費用がかかり、その後も電気代や通信コストなどのランニングコストもかかってしまいます。
このような悩みを解決するための手段として、デジタルサイネージのレンタルがあります。今回はレンタルのメリットやデメリットも含めて、詳しく解説していきます。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージとは屋外の広告や、店舗の案内や、商品の一覧、駅のホームや窓口に設置されているデジタル上のモニターです。インタラクティブにタッチすることでシステムが反応しお客様のソリューションとなる情報を表示したりします。紙媒体ではコンテンツの交換が難しかったのですが、デジタルサイネージだとダウンロードできるなどたくさんのソフトやサポートがあります。

 

他の記事も紹介しています

  1. デジタルサイネージのレンタルについて
  2. デジタルサイネージの自作でコンテンツ制作
  3. デジタルサイネージ|コンテンツイラストの作成方法
  4. デジタルサイネージの病院での導入事例
  5. デジタルサイネージのスーパーでの導入事例
  6. デジタルサイネージの不具合について
  7. デジタルサイネージの仕組みについて
  8. デジタルサイネージはレンタル?購入?
  9. デジタルサイネージの価格相場
  10. デジタルサイネージの輝度について

デジタルサイネージのレンタルに含まれるもの

デジタルサイネージ

デジタルサイネージのレンタルサービスを提供している会社は多く存在しますが、そのほとんどがディスプレイ本体だけではなく、STB(セットトップボックス)やモバイルWi-Fiルーターなど必要な端末も貸し出しています。また、現地までの配送や設置までも行ってくれるため、初めてデジタルサイネージを利用する場合でも全てお任せで依頼でき安心です。
さらに、デジタルサイネージを利用する際に気になるのがコンテンツの準備。普段プロモーションで使用している映像や音声データがあれば、それをデジタルサイネージに対応したデータ形式に変換することも可能です。また、イベント用に一からコンテンツを制作する場合においても、レンタル事業者によってはコンテンツ制作を請け負ってくれるところもあります。
ただし、デジタルサイネージのディスプレイ本体以外のレンタルや配送・設置費、コンテンツの制作費などは、別途オプション設定となっているケースが多く、事前に契約条件などを確認しておく必要があります。
設置作業や通信環境の準備、コンテンツ制作など、自分たちでできることは事前に準備しておくことで費用を最小限に抑えられます。

デジタルサイネージ|メリットとデメリット

デジタルサイネージを利用した経験がない方にとって、そもそもレンタルのほうが良いのか、自前で購入したほうが良いのか分からないという方も多いことでしょう。そこで、レンタルのメリットとデメリットを整理しながら詳しく解説していきます。

見積書

デジタルサイネージをレンタルするメリット

デジタルサイネージをレンタルする最大のメリットは、短期間での利用が可能である点です。たとえばイベントや展示会などに出店する場合、そのためだけに大画面のデジタルサイネージを購入するとなると莫大な費用がかかってしまいます。しかし、デジタルサイネージのレンタル契約を結べば1日単位での費用で済み、大幅にコストを削減できます。
イベントが終了した後はデジタルサイネージを返却するだけで良いため、社内に保管スペースを確保しておく必要もありません。そもそもデジタルサイネージを初めて利用する場合、本当に効果が見込めるのか、使い勝手が良いものなのかを事前に見極めることは難しいもの。
デジタルサイネージを利用するうえでのさまざまな不安を解消するためにも、レンタルという活用方法は極めて効率的であるといえるでしょう。

デジタルサイネージをレンタルするデメリット

デジタルサイネージをレンタルする際のメリットとは反対に、デメリットとして考えられることもあります。それは長期間利用した場合のコストについて。これはレンタル契約全般に共通して言えることですが、利用頻度が高くなればなるほどレンタルにかかるコストは高額となり、購入したほうが安く済むケースが多いです。
一部事業者のなかには長期でのレンタル契約サービスを提供しているところもありますが、大画面のタッチパネルディスプレイともなると月額数万円程度のレンタル費用がかかります。1年、2年と長期間の利用をトータルで考えると、やはり購入したほうが安く済むため比較しながら検討してみる必要があります。

デジタルサイネージ|レンタルの利用シーン

デジタルサイネージ

デジタルサイネージのなかでも、とりわけ高額なタッチパネル式のディスプレイ。一般的なデジタルサイネージとは異なり、エンドユーザーが直接触れて操作するためメンテナンスが欠かせません。また、誤った操作によって破損したり、汚れが付着しやすくなるため、保障サービスが充実したレンタル契約をしたほうが安心という考え方もできます。
特に小さな子どもが多く来場するイベントや展示会などにおいては、タッチパネル式のデジタルサイネージをレンタルして利用する方法がおすすめです。
ちなみに、イベントや展示会の規模によっても最適なデジタルサイネージの大きさも異なります。デジタルサイネージのディスプレイサイズは大きければ大きいほど良いというものでもなく、会場の大きさや展示スペースの広さ、来場者の人数によっても最適なものを選ぶことが重要です。
レンタル契約であれば、イベントの開催規模によっても最適な製品を選定できるため、無駄が少なく大きなパフォーマンスを発揮できるのではないでしょうか。

サイネージの購入を検討している方はこちらへ
https://droots.inc/

デジタルサイネージ タッチパネル
最新情報をチェックしよう!