デジタルサイネージ|コンテンツ制作

デジタルサイネージは多くの人の目に留まり高い広告効果が期待できる媒体ですが、せっかく足を留めることができても表示するコンテンツに魅力がなければすぐにその場を去っていってしまいます。重要なのはデジタルサイネージというツールではなく、あくまでもその中に表示する広告コンテンツであることを忘れてはいけません。コンテンツの制作が一番の肝になってきます。

では、実際にデジタルサイネージを導入するにあたって、どのようなコンテンツを制作すべきなのでしょうか。今回はコンテンツの制作に重要な5つのポイントをピックアップしてご紹介します。

デジタルサイネージとは、場面に合わせた案内や、スケジュールの表示など様々なシーンで使われるデジタルのシステムです。今では病院や企業やニュース・天気予報など目的や要望に合わせて複数の業種で活用されています。今ではユーザーがpowerpointなどで画像ファイルなどの素材を管理する機能もあり操作が簡単で更新も気軽にできるサポートが機能として提供されているのでコンテンツの制作がとても簡単です。

他の記事では屋外、社内、商業施設、店内、商品の一覧やイベント、観光地、受付での導入事例や空間活用をすることでのメリット、制作、映像、製品コストなども記事にしています。

  1. デジタルサイネージのレンタルについて
  2. デジタルサイネージの自作でコンテンツ制作
  3. デジタルサイネージのスーパーでの導入事例
  4. デジタルサイネージの効果やメリット
  5. デジタルサイネージの不具合について
  6. デジタルサイネージの価格相場
  7. デジタルサイネージ成功事例|役所
  8. デジタルサイネージ|病院での導入事例
  9. デジタルサイネージ技術と今後のAIとの融合
  10. デジタルサイネージのコンテンツのイラスト制作
  11. 駅のデジタルサイネージの活用方法
  12. デジタルサイネージの活用事例を紹介

屋外

デジタルサイネージ|コンテンツの種類

デジタルサイネージ

デジタルサイネージが従来の広告と大きく異なるのは、画面上に表示できる情報量が多く多彩な表現が可能であるということです。たとえば時間帯によって広告コンテンツの内容を変更したり、ポスターや看板などでは難しい動画の広告コンテンツも放映でき、インパクトのある媒体といえるでしょう。

コンテンツの制作にあたっては、当然のことながら静止画よりも動画のほうが制作コストや時間もかかり、費用対効果をしっかりと見極めたうえで展開しなければなりません。もしホームページやテレビCM用の動画がすでに存在しているのであれば、それをデジタルサイネージに活用しても良いでしょう。しかし、そのようなものがない場合は一からコンテンツを準備する必要があります。

十分な予算と時間が確保できないのであれば、静止画を組み合わせてスライドショーのように切り替えるのもおすすめです。

デジタルサイネージ|コンテンツの動き

デジタルサイネージ 広告

 

広告用コンテンツを制作するにあたって、何よりも重要なのは「見やすさ」です。デジタルサイネージは動きがあり多くの情報量を伝えることができる媒体ではありますが、だからといってテキストばかりを流してしまうと足を留めて見る人は少なく、高い広告効果が見込めません。

また、画像やイラストなどの色とテキストの色、背景色などのバランスも考える必要があり、デザインのノウハウが求められるもの。背景色と画像の色が同化してしまったり、一部の色がテキストと重なって見えにくくなっていると、見る側にとってもストレスに感じてしまいます。

統一感のあるカラーを選定することはもちろんですが、テキストを入れる場合は目立つようにボックスで囲うなどの工夫も必要です。

デジタルサイネージ|コンテンツの長さ

デジタルサイネージ イラスト

 

デジタルサイネージを設置する場所を考え、シーンに合った長さ(尺)を考えることも重要です。たとえば駅構内や繁華街などにデジタルサイネージを設置する場合、同じ場所に数分間も立ち止まって広告を見るというケースは極めて稀です。数秒程度の短時間であっても、何を伝えたいのかが分かるインパクトのある中身が理想的といえるでしょう。

一方、店舗の待合室などに設置するデジタルサイネージであれば、多くの人が座って待っているときに目にすることが前提となります。そのため、数分程度の内容であっても見てもらえる可能性があります。広告の尺は長ければ長いほど良いというものではありませんが、初めて見たときにストレスを感じることなく集中して見てもらうためにも数分程度に収めるのが理想的といえるでしょう。

デジタルサイネージ|コンテンツの数

デジタルサイネージ

店舗の入り口や店内に専用のデジタルサイネージを設置する場合は、広告のパターン数も考慮する必要があります。たとえば数十秒程度の内容をひたすら繰り返して流していると、来店客も飽きてしまいます。新商品やキャンペーンなどの情報はもちろん、定番商品であってもおすすめのものがあれば内容を考えて制作し、訴求することが重要です。

また、たとえば飲食店の場合、日中の時間帯はランチメニュー、夜間は居酒屋のメニューをコンテンツとして訴求することもあるでしょう。営業時間帯や来店する客層、客単価なども参考にしながら複数の広告コンテンツを用意しておくのが理想的です。

コンテンツの数が多ければ多いほど、来店客のなかには「次はあのメニューを注文してみよう」と考える人も出てくるかもしれません。サイネージは新規顧客の開拓だけではなく、リピート客の獲得にも有効です。

デジタルサイネージ|コンテンツ依頼する?

デジタルサイネージ

 

ここまではサイネージのコンテンツ作成のノウハウやコツについて紹介してきましたが、実際にこれらをもとに自分自身で作成しようと考えたとき、決して簡単なことではありません。特にデザイン作成のノウハウや動画、画像編集などのスキルをもっていない方にとっては大変な作業になるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、コンテンツ作成を専門に請け負っている業者へ依頼することです。デジタルサイネージのレンタルや販売を行っている業者のなかにもコンテンツ制作に対応できる会社は多いため、一度相談してみるのもおすすめです。

サイネージではサンプルのコンテンツ作成やソフトを無料で提供している制作会社もあります。編集自体も簡単ですし、今ではzoomがよく使われているようにどんどんデジタル化が進んでいます。この機会に一度調べてみてください。

最近のサイネージはお客様でファイルやイメージ写真のデータをインタラクティブに管理することできるので操作が容易な形式になっています。サイネージのサービスを利用することを検討していたり、商品の資料等を見たい方ははこちらへ

https://droots.inc/

価格
最新情報をチェックしよう!