デジタルサイネージとは?|看板を導入している方必見

デジタルサイネージとは?

 

道路を歩いていると必ずといって良いほど目にする看板やのぼり旗。

店舗における集客対策としては基本的なツールですが、実はここ数年の間でデジタルサイネージとよばれる新しいツールが注目を集めていることをご存知でしょうか。今回の記事では、看板やのぼり旗を集客対策として活用するメリットやその効果を紹介するとともに、デジタルサイネージが注目されている理由についても解説していきます。

広告

デジタルサイネージとは案内や店頭での商品一覧を表示させたりする電子看板のことを言います。今ではシステムを使うにあたってコンテンツ制作やデータのダウンロードまで簡単になっておりお客様でも使えるものになっています。企業や、街頭ビジョンなどさまざまな設置場所で多種多様の業種で活用されており、今後も市場が拡大されていくメディアになります。

他の記事では屋外、交通機関、会社、屋内、病院での導入事例や、様々な費用(ネットワーク利用料、機器、映像・動画制作など)、商品の販売目的に合わしたデジタルサイネージの使い方も紹介しています。

デジタルサイネージ|看板やのぼり

広告

そもそも看板やのぼり旗での集客は本当に効果があるものなのでしょうか。

結論から言えば、集客効果は大いにあるといえます。実際に道路を自転車やクルマで走っている最中は、対向車や歩行者など交通状況に目を取られているケースが多いため、周囲にどのような建物があるのかは意外と目に入っていないことが多いものです。

また、仮に信号待ちをしていたりゆっくりと景色を見ながら走っていたとしても、建物が多い場所ではどこに何のお店があるのか分かりづらいもの。

そこで、ひと目で「ここに居酒屋があります」や「カフェがあります」といった存在をアピールするためにも、大きな看板やのぼり旗は効果を発揮してくれるツールのひとつなのです。

自分のお店が立地している敷地内であれば、大きな看板やのぼり旗を立てても問題はなく、コストが限られたなかでも広告効果が見込める方法のひとつと考えられます。

デジタルサイネージ|看板のデメリット

コスト

看板やのぼり旗は最小限のコストで広告が展開できるツールとはいえ、当然のことながら一度制作したものを変更するとなると簡単ではありません。そのため、看板に掲げるのはお店の名前や定番メニューのように、ある程度長期的に掲示しても問題がないコンテンツに限られてしまいます。

たとえば日替わりや週替わりで目玉となるメニューを展開しようとしても、それらを看板に掲げることはできません。のぼり旗で対応しようとしても、メニューの数の分だけ旗を用意しなければならず、コストもかかってしまいます。仮に途中でメニューを変更しようとした場合は、のぼり旗や看板を作り替える必要もあるため現実的な方法とはいえないでしょう。

特に飲食店ではトレンドを意識したメニューを用意するケースも多く、提供しているメニューによっても売上が大きく左右されるほど重要なポイントでもあります。トレンドが去った後でコンテンツを作り替えるのも厳しいため、看板やのぼり旗に何をデザインするか頭を悩ませているオーナーも多いのです。

デジタルサイネージ|看板の導入費用が高額

コスト

 

のぼり旗や折りたためるようなサイズの小さい看板であれば安いコストで制作できますが、ロードサイドでも目立つようなインパクトのある看板を制作しようと考えたとき、サイズが大きくなればなるほど高額なコストが発生します。

単に看板を制作するだけではなく、設置の際にも高所作業が必要なケースがほとんどのため、施工費用も高額です。

自作で看板を制作しようとしても、雨や直射日光など過酷な条件に耐えられる高い耐久性を維持しつつ、強風が吹いても落下しないよう十分な安全対策も施さなければなりません。当然のことながらデザインの完成度もお店のイメージを左右するため重要なポイントといえるでしょう。

これらを総合的に考えると、やはりノウハウが一切ないなかで看板を自作するということは現実的ではなく、プロに依頼するのがベストな選択肢であることは言うまでもありません。

 

デジタルサイネージがオススメ

イノベーション

店舗広告として定番の看板やのぼり旗のデメリットを克服できるツールとしておすすめしたいのが、デジタルサイネージです。

デジタルサイネージとは液晶ディスプレイに広告コンテンツを掲示するためのツールで、ディスプレイのサイズも多様です。たとえばショッピングモール内に展開しているテナントも、小型のデジタルサイネージを導入すれば場所を選ばずに商品のプロモーションができるほか、ロードサイドの店舗であれば大型のデジタル看板で多くの人の目を集めることも可能です。

 

通常の看板では難しいようなコンテンツの変更も簡単にでき、曜日や時間帯によってコンテンツ内容を分けて表示することもできます。

デジタルサイネージは従来の看板に比べて導入費用は高額になってしまいますが、費用対効果を考えると決して高い金額とはいえないものです。1日単位または週単位でデジタルサイネージのレンタルを提供しているところも多いため、本導入の前に効果検証をしたうえで判断することもできます。

 

デジタルサイネージとは?|まとめ

デジタルサイネージ

店舗の集客に欠かせない看板やのぼり旗。定番の集客用ツールではありますが、コンテンツを頻繁に変更することができないというデメリットがあることも確かです。

今回紹介したように、サイネージは従来の看板やのぼり旗のデメリットを補うことのできるツールでもあり、大いに注目されています。決して導入費用は安価とは言えませんが、コスト以上の広告効果が期待できます。これから店舗のオープンを控えている方はもちろん、看板の掛け替えを検討している方もぜひ一度サイネージを検討してみてはいかがでしょうか。

サービスの導入を考えている、製品の詳細を見たい方はこちらへ
https://droots.inc/

広告
最新情報をチェックしよう!