デジタルサイネージタッチパネル式とは?

デジタルサイネージタッチパネル式とは?

さまざまな業界における活用事例も紹介

 

デジタルサイネージと聞くと大型の液晶ディスプレイが設置され、そこに常時さまざまな広告コンテンツが流れているようなものをイメージする人も多いのではないでしょうか。

たしかにそのようなデジタルサイネージは主流となっていますが、実はそれ以外にもタッチパネルに対応したデジタルサイネージも存在しています。

今回の記事では、タッチパネルデジタルサイネージはどのような場面で活躍するのか、そのメリットやデメリットも含めて詳しく解説していきます。

デジタルサイネージとは会社の屋内窓口やイベント、病院、駅のホーム、ビジネスシーンなど様々なシーンで活用されており、紙媒体での広告の問題のソリューションやとして使われています。最近では気軽にコンテンツのダウンロードなども可能になっておりユーザーにとって優しいサポートを提供しているのが特徴です。

他にもデジタルサイネージを利用する上でお客様が気をつけておく点や、店舗で導入したい方向けの記事も他の記事として一覧で出していますので興味がある方は見てください。

デジタルサイネージタッチパネル式とは

ポイント

タッチパネルデジタルサイネージとは、その名の通りタッチ操作が可能なデジタルサイネージのことを指します。たとえば空港のロビーなどにおいて、トイレや喫煙所のアイコンをタッチすると場所を表示してくれる端末を見たことはないでしょうか。

また、一部のホテルやショッピングモール、エンタメ施設などにおいても活用の幅が広がっています。

いわば超大画面のタブレットのような使い方ができる端末と考えて良いでしょう

タッチパネル型は誰でも直感的に操作ができるため、今後さらに多くの施設や店舗への導入が進んでいくと期待されています。

デジタルサイネージタッチパネルのメリット

お金

タッチパネルデジタルサイネージの最大のメリットは、双方向でのコミュニケーションが取れることが挙げられます。

たとえば先ほど例に挙げたような施設内の設備案内の場合、通常のデジタルサイネージだと施設全体の図を表示させてユーザーが目的の場所を探し出さなければなりません。

しかし、タッチパネル型であれば、

トイレや喫煙所、休憩スペースなどの項目ごとにタッチ操作をするだけで目的の場所をピンポイントで表示してくれます。

特に空港のように大規模な施設で場所を探し出すのが大変な場合、タッチパネル型は心強い味方になってくれることでしょう。このように、スタッフに問い合わせをするように簡単なコミュニケーションが取れることによって、ユーザーが困っていることを素早く簡単に解決してくれるメリットがあります。

これを活用すれば、たとえばショッピングモールの店舗案内で人気のお店やユーザーの導線を把握することもでき、さまざまなデータ収集に役立てることも可能になります。

デジタルサイネージタッチパネルのデメリット

注意

タッチパネルデジタルサイネージは

高機能で便利な反面、導入コストが高額であるというデメリットもあります。

また、一般的なデジタルサイネージとは異なり、単に広告用の映像を入れておけば良いというものではなく、スマホアプリやWebサイトを構築するようにシステムを設計する必要もあります。

そのため、ハードウェアの購入価格だけではなく、ソフト面でのコンテンツ制作費用も通常より高額になります。

単なる物珍しさや注目されやすいからという理由だけで導入するものではなく、たとえば「店舗案内の人件費を削減したい」、「収集したデータをマーケティングに活かしたい」といったように、明確な目的を定めたうえで導入しないとコストばかりが膨らんでしまいます。

タッチパネルデジタルサイネージの導入にあたっては、本体を購入して終わりではなく、専門の業者やコンテンツ、システムを構築する業者もあわせて綿密な打ち合わせが必要になります。

デジタルサイネージタッチパネルの設置例

デジタルサイネージ

観光案内

観光産業が盛んな自治体や観光名所では、当該エリアのマップや写真などを活用してタッチパネルデジタルサイネージによる観光案内に役立てているところもあります

総合受付のように案内をする担当者を設置しておく必要がなく、ユーザーが興味をもった場所の情報を自由に取得できるようになっています。

商談テーブル

自動車ディーラーなどにおいて商談を進める際に、テーブルそのものがタッチパネルデジタルサイネージになっており、わざわざ紙のカタログを広げなくても即座に情報を取得できるようなシステムもあります。

デジタルサイネージを縦に設置するのではなく、あえて横向きに倒して設置することによって、テーブル上にさまざまな情報が表示できこれまでにない使い方が可能になります。

ホテルの案内版

ホテルのロビーにタッチパネルデジタルサイネージを設置することによって、さまざまなサービスを自動化することも可能になります。

たとえばチェックインやチェックアウト、アメニティのリクエストやタクシーの手配、レストランの予約など、あらゆることが自動化されます。

既存のホテルのシステムとの連携が必要となりますが、大きな費用対効果が見込める事例といえるでしょう。

デジタルサイネージタッチパネルの将来

デジタルサイネージ

今回紹介した事例は、あくまでも一部にすぎません。

今後さまざまな業種にタッチパネルデジタルサイネージが広がっていくと、これまで想定していなかったような革新的な活用方法が見えてくる可能性もあります。
実際に屋外のサイネージディスプレイも増えてきており、サイネージの種類もスタンドアロン型やインタラクティブ型など、どんどん増えていっています。
サイネージのコンテンツの操作もインタラクティブになっており、様々な導入事例が出てきています。これからが注目ですね。

特に深刻な人手不足が叫ばれているサービス業において、タッチパネルデジタルサイネージは救世主となり得る存在になるかもしれません。

他の記事では付属する製品の説明や商品販売のための活用方法、サイネージディスプレイのサイズごとの詳細などを紹介しています。

デジタルサイネージの導入を考えている人はこちらへ
https://droots.inc/

デジタルサイネージ
最新情報をチェックしよう!