デジタルサイネージの活用事例|空間演出

デジタルサイネージで作る空間演出

居酒屋やカフェ、アパレルショップなど、世の中にはさまざまなお店が存在しますが、「また来よう」と感じるのはどのようなお店でしょうか。

価格や品質はもちろんですが、立地条件や店舗スタッフの対応なども重要なポイントになると思います。しかし、その中でも極めて大きな要素を占めるのが「お店の雰囲気」です。

そこで今回は、居心地の良いお店にするために、デジタルサイネージを活用した空間演出のコツについて詳しく解説していきます。

デジタルサイネージで作る空間演出

デジタルサイネージとは、株式会社でのコミニュケーションのツールとして使われていたり、顧客の来店時にリアルタイムでページを変えたり、商品の購入を促すサービスとしてとても効果的なデジタルの媒体です。今ではユーザー向けにコンテンツのダウンロードやページ・動画の管理などとても簡単なシステムを提供しています。

他の記事ではイベント、企業の受付、店のインフォメーション、セミナー、ショールーム、社内の情報共有を目的にした導入事例も紹介しています。機器のサイズも屋内の小さいものから屋外の大型のものまであります。
製品やシステムや映像のコストなども記事にしています。

居心地の良いお店の条件

一口に居心地の良いお店といっても、来店客にとってその定義はさまざまです。

店内の照明や気温、湿度はもちろんですが、テーブルや椅子の高さ、お店の広さなどの物理的な条件以外にも、スタッフの対応の良さといったソフト的な側面を気にするお客様も多いです。

 

店舗作りのなかでも特に重視しておきたいのが、店内が落ち着いた雰囲気で統一されているかという点です。

たとえば壁一面に店舗のチラシやPOP、ポスターなどが敷き詰められているお店は、圧迫感があり居心地が良いと感じる人は少ないものです。

お店としては「お得な情報を提供して良い買い物をしてもらいたい」といった気持ちで演出していても、お客様にとっては不快な気持ちになるケースも少なくありません。

とにかく売り上げアップを図りたいという気持ちは重要ですが、それが店内の雰囲気に影響してくると反対に安っぽく見えてしまい、リピート客も減少してしまいます。

居酒屋など賑やかな雰囲気を演出したいお店も多いと思いますが、その場合も「何を伝えたいのか」を明確にする必要があります。

たとえば、おすすめメニューを全面に出したいのであれば各テーブルから見える位置にチラシやPOPを1枚ずつ貼るなど、ある程度の規則性をもって演出することが必要です。

デジタルサイネージを空間演出へ活用

デジタルサイネージを空間演出に活用するメリット

 

お店のおすすめメニューやセール情報などのポスター、POPは欠かせない販促ツールのひとつですが、デジタルサイネージをうまく活用することで認知度をアップさせることができます。

デジタルサイネージはチラシやPOPなどとは異なり、動きのあるコンテンツを表示させることもできるため、それだけで認知度を上げることも期待できるでしょう。

特に飲食店やカフェなどの場合、オーダーした商品を待っている時間などに見てもらえるようにデジタルサイネージを多くのお客様の視界に入る場所に設置しておくと有効です。

また、デジタルサイネージを導入することで店内の限られたスペースであっても、広告コンテンツを入れ替えて流すことによって、省スペースでありながらも効果的な宣伝効果を上げられるのも大きなメリット。

壁一面にポスターやチラシを貼り付けていたものが、デジタルサイネージで複数の広告を交代で流すことによって、店内の雰囲気もシンプルでスタイリッシュなものに演出できるはずです。

さらに、デジタルサイネージを店内に導入している店舗は決して多くないため、導入するだけで先進的な取り組みを行っているお店であることもアピールできます。

特に子ども連れのお客様が多いお店の場合、子どもがデジタルサイネージに興味を示すことも多く、流すコンテンツも子ども向けのものを多用すればリピート客の獲得にもつながっていくことでしょう。

デジタルサイネージの空間演出のコツ

デジタルサイネージの空間演出のコツ

 

デジタルサイネージを空間演出として活かすためには、効果が見込める設置箇所を十分検討する必要があります。

たとえば壁一面に大画面サイズのデジタルサイネージを設置するだけでインパクトがあり、多くのお客様は待ち時間に自然とデジタルサイネージに目を配るようになります。

また、最近では飲食店などのオーダーシステムとしてタブレット端末を利用する店舗も増えていますが、タブレット端末もひとつのデジタルサイネージとして活用することも可能です。

メニューを選んでいない待機時間はタブレット端末で広告が流れるように設定しておけば、おすすめメニューや日替わりメニューなどの追加オーダーが見込めるようになるはずです。

デジタルサイネージを店内に導入したら、できるだけ他の広告やポスターはシンプルにして、デジタルサイネージに注目が集まるような工夫も必要です。

これは同時に店内の空間演出としても有効で、チラシやPOPが雑然と貼られた店内よりもスタイリッシュで雰囲気が良く、居心地も抜群のお店に仕上げることができるはずです。

デジタルサイネージ|空間演出をサポート

デジタルサイネージ タッチパネル

デジタルサイネージは広告を流すためのツールのひとつですが、店内の空間演出を補助するためのツールとして考えてみると、居心地の良いお店づくりに役立てることもできます。

できるだけシンプルでスタイリッシュな内装にこだわりつつも、お店のお得な情報やおすすめメニューなども訴求していきたい場合は、チラシやPOPを雑然と貼るのではなく、デジタルサイネージにすべての情報を集約しておけばシンプルな仕上がりになるだけではなく、広告としての注目度も上がるはずです。

これからお店を新規にオープンさせる方はもちろんですが、改装などでお店の印象をガラリと変えたい方もぜひ参考にしてみてください。

デジタルサイネージはアイデアの内容次第では面白いマーケティングになり自社の強みになるうるものです。ユーザーが使いやすい昨日もたくさんついています。他の記事では参考になる成功事例なども紹介しているのでみてみてください。

サービスや商品カタログの資料請求・一覧を見たい方、サイネージの導入を検討している方はこちらへ

https://droots.inc/

デジタルサイネージで作る空間演出
最新情報をチェックしよう!