デジタルサイネージ の不具合、故障

デジタルサイネージに起こり得る不具合

デジタルサイネージは屋内はもちろん、屋外でも利用する店舗も多く、さまざまな不具合が起こるケースが報告されています。
hdmiなどの電源ケーブルやネットワークの更新などデジタルのものなので設定や管理の操作がわかりにくいこともあると思います。

正しい使い方を認識し、事故やトラブルを未然に防ぐためにも、どのような不具合が起こり得るのかを覚えておかなければなりません。

そこで今回の記事では、デジタルサイネージを利用するうえで発生しがちなトラブルや不具合について紹介するとともに、万が一トラブル(故障、ノイズ、映らなかったり)が発生した際の対処方・解決策や原因などもまとめて解説します。
業者にtelで連絡をする前に何が原因なのか、この記事の一覧を見ながら見つけていきましょう。

ディスプレイ

他の記事ではstbとは何か?、コンテンツ制作費、導入前に気をつけておく問題や、会社・受付・店などの導入事例も紹介しています。

医療におけるデジタルサイネージの役割

デジタルサイネージを活用した成功事例〜店舗編〜

デジタルサイネージの導入事例5選!サイネージを導入したい方必見

  1. デジタルサイネージのレンタルについて
  2. デジタルサイネージの自作でコンテンツ制作
  3. デジタルサイネージ|コンテンツイラストの作成方法
  4. デジタルサイネージのスーパーでの導入事例
  5. オフィスサイネージの活用事例とメリット
  6. デジタルサイネージ|コンテンツの制作について
  7. デジタルサイネージ成功事例|導入の流れ
  8. デジタルサイネージ5つの活用事例
  9. デジタルサイネージの活用事例|店舗
  10. デジタルサイネージの仕組み|stb

デジタルサイネージ|ディスプレイの焼き付き

ディスプレイの焼き付き

 

かつてパソコンなどでよく起こっていたディスプレイの焼き付きという不具合ですが、デジタルサイネージにおいても長時間にわたって同じ画面を出し続けている場合に起こり得る現象です。
動画や画像など画面が映らなくなったりする不具合が起きます。

焼き付きはそもそもブラウン管のディスプレイでよく発生していたトラブルで、液晶ディスプレイが主流となった現在ではそれほど頻発するトラブルではありません。

しかし、液晶や有機EL、プラズマなどあらゆるディスプレイで焼き付きに似た症状が現れることはあり、不具合が起こる可能性がまったくゼロというものではないため注意が必要です。

液晶ディスプレイで長時間同じ画面を映し出したまま放置しておくと、画面を切り替えてもそれ以前に映っていたマークや文字などが残像として残ってしまうことがあります。

もしこのような状態に陥った場合、軽度の焼き付きであれば電源を切ってしばらく放置した後に電源を入れ直すと直っていることがほとんどです。

 

しかし、液晶内部にある分子が固定化しているとパネル交換を行わないと直らないケースもあり、高額な修理費用が発生します。
このようなディスプレイの焼き付きの不具合を防止するためには、従来のブラウン管と同様に動きのある映像を流し続けて映像が固定化しないようにする配慮が必要です。

デジタルサイネージ|ブラックアウト

ブラックアウトとはその名の通り、ディスプレイが真っ黒になる現象を指します。

画面全体または一部がブラックアウトすることもあり、その多くは屋外などで直射日光に長時間当たり内部に熱がこもった状態になったときに発生する不具合になります。

そもそも液晶ディスプレイの多くは極端に高温の環境下で使用することを前提としていないため、決して熱に強い機器ではありません。仮に屋内に設置していたとしても、窓から直射日光が当たり高温にさらされる環境下でもブラックアウトが発生しやすくなります。

ブラックアウトが発生した際は速やかに電源を切り、コンセントを抜いた状態で涼しい場所に移動することで、機器内がクールダウンされ元に戻ることが多いです。

しかし、日常的に高温で過酷な環境下で使用し続けていると、ブラックアウトだけではなくデジタルサイネージそのものが故障し高額な修理費用が発生する可能性も十分考えられるのです。

また、ブラックアウトを発生させないためにはカーテンなどを活用して直射日光を妨げる工夫を施し、もし屋外で利用するのであれば屋外使用を前提としたデジタルサイネージを選ぶようにしましょう。

デジタルサイネージ|液晶の破損・割れ

液晶の破損・割れ

 

お店の入り口などに設置しておくデジタルサイネージの場合、通行している人の荷物や体が当たり液晶ディスプレイを破損させてしまうケースがあります。

また、悪質ないたずらによってデジタルサイネージに深刻な被害をもたらすことも考えられ、設置場所には十分注意が必要です。特に居酒屋やバーなどの場合、お酒に酔ってぶつかることは十分考えられます。

物理的に液晶ディスプレイが破損してしまうと、簡単に修理やメンテナンスをすることは極めて難しいため専門の業者に依頼するしかありません。

このような金銭的被害を最小限に抑えるためには、デジタルサイネージをレンタルで契約する際に保険が充実したサービスを選ぶようにしましょう。

利用中の破損や盗難などを対象にした保険をオプションで提供している事業者も存在するため、契約前に詳細の条件などを確認しておくことが重要です。

デジタルサイネージ|ノイズ

 

ノイズ

極めて稀なケースではありますが、デジタルサイネージの周辺にあるさまざまな電気製品の影響を受け、液晶ディスプレイにノイズが発生してしまうことがあります。

たとえばテレビや電子レンジ、照明機器にいたるまで、あらゆる電気製品は電気的なノイズを発生しているのですが、本来はお互いに干渉しあうほど大きな影響を受けることはありません。

しかし、何らかの理由により、または周辺の特殊な環境が影響しデジタルサイネージにノイズが現れるケースがあるのです。

ノイズが発生するケースは非常に珍しく、周辺環境なども総合的に勘案して見極める必要がありますが、いずれにしても表示がおかしいと感じた場合には、専門の業者またはデジタルサイネージのメーカーに問い合わせて確認してもらう必要があります。

デジタルサイネージを正しく活用するために

デジタルサイネージのトラブルや不具合はさまざまで、今回紹介したポイント以外にも多くの事象が考えられます。もし普段と動作が違ったり、違和感がある場合は専門の業者に相談のうえ正しい対処法を仰ぐようにしましょう。

他記事では空間の演出の仕方や顧客の来店率を上げるための効果的な映像の使い方、コンテンツに合わせたシステムを種類別に解説しています。

導入を検討している方はこちらへ
https://droots.inc/

ノイズ
最新情報をチェックしよう!