スーパーでのデジタルサイネージの導入事例

私たちの日常生活に欠かせないライフラインともいえるのがスーパーです。食料の調達や日用品の購入まで、スーパーなくして私たちの生活は成り立ちません。スーパーでは多くのエンドユーザーを呼び込もうと、折込チラシやタイムセールなどを行っていますが、最近注目されているのがデジタルサイネージを活用したプロモーションです。
今回はスーパーマーケットにおいてデジタルサイネージはどのような役割を果たすのか、活用事例をいくつかご紹介します。

店員

デジタルサイネージとは会社の案内や店頭の商品一覧、スーパーで利用されているデジタルの媒体になります。今では簡単なビジネスツールとして活用されているサービスです。マーケティングにも大きい影響を与えれる魅力的なツールとなっているのでぜひ活用していただければと思います。

他の記事ではコンビニ、企業、イベント、天気予報、で導入が展開されている事例も紹介しています。今では映像やコンテンツを差し替えるソフトもお客様向けになっておりとても簡単に取り扱える製品が多いです。

  1. デジタルサイネージの自作でコンテンツ制作
  2. デジタルサイネージの病院での導入事例
  3. デジタルサイネージ|コンテンツのイラスト制作
  4. デジタルサイネージ|タッチパネルのレンタル料金
  5. デジタルサイネージ|5Gと今後
  6. デジタルサイネージ|店舗での導入事例
  7. デジタルサイネージ成功事例|導入の流れ
  8. デジタルサイネージ導入事例5選
  9. デジタルサイネージの活用事例
  10. デジタルサイネージの仕組み|stb
  11. デジタルサイネージ|タッチパネル式の価格
  12. デジタルサイネージの画面サイズの選び方
  13. 駅のデジタルサイネージの活用方法

デジタルサイネージ|スーパーのフロア案内

入り口

広大な売り場面積を誇るスーパーでは、どこに何があるのか分かりづらく、フロア内で迷ってしまうケースがあります。そこで、入口付近にデジタルサイネージを設置し、目的の商品が陳列されている場所を表示するフロア案内を提供している事例があります。
デジタルサイネージによってフロア案内を自動化することで、スタッフへの問い合わせ頻度も減り、業務効率化にも貢献します。初めて足を運ぶスーパーはもちろんですが、毎日通い慣れたスーパーであっても普段買わない商品を探す際に迷ってしまうことは多いもの。
常連客が大半を占めるスーパーであったとしても、入口付近でのデジタルサイネージによるフロア案内は効果の高い活用方法といえるのではないでしょうか。

デジタルサイネージ|スーパーのレシピ紹介

店員

家族の食事を作るとき、毎日のレシピは頭を悩ませるもの。事前に「今日はこれを作ろう」と考えてスーパーに足を運んでも、食材が高く諦めてしまった経験はないでしょうか。食費を節約するために、チラシに掲載された特売品や格安の食材を選び、それに合わせてレシピを考える方も少なくありません。
そこで、売れ筋商品の付近にデジタルサイネージを設置し、その食材を使ったおすすめのレシピを掲載することで売り上げが倍増すると期待できます。単にその食材を買ってもらうだけではなく、レシピのなかで他に必要な材料や調味料などの買い忘れも防げるため、スーパーにとっては売り上げアップも期待できます。
さまざまな食材ごとにバリエーション豊かなレシピを用意しておけば、消費者は事前にレシピを考えることなくスーパーに行くだけでメニューが決まるため、リピート客の獲得にもつながるはずです。
店舗独自の特色を出すためには、オリジナルのレシピを考案したり、惣菜コーナーで販売されている商品のアレンジレシピや作り方なども紹介すれば、さらに高い効果が期待できるのではないでしょうか。

デジタルサイネージ|スーパーのタイムセール

店員

週末や平日の夕方など、多くの人が来店する時間帯にタイムセールを実施しているスーパーもあります。事前にチラシなどで周知しておくお店もありますが、あえて広告を出さずにゲリラ的にタイムセールを実施するところもあります。そのため、実際にお店に行くまでタイムセールの内容が分からず、定期的にタイムセールを開催することで集客に結びつけているお店も多いのです。
一般的にタイムセールといえばスタッフが店内放送などで周知したり、大きなポスターやPOPなどで周知するケースが多いですが、デジタルサイネージをうまく活用することで最小限の人員で効率的に実施することも可能です。
たとえば店内の入り口付近に大画面のデジタルサイネージを設置し「本日17時からタマゴ100円」といったように掲示すれば、すべての来店者に効率的に知らせることができます。タイムセールの時間帯まで店内をゆっくり回り、ついで買いの商品を買ってもらったり、買い忘れていた日用品を一緒にカゴに入れてもらうこともできるでしょう。

デジタルサイネージ|チラシやプロモーション動画

セール

タイムセールと似た活用方法ですが、チラシやプロモーション動画などをデジタルサイネージで放映し、販売促進に役立てる方法もあります。最近では新聞をとっていない家庭も多く、折込チラシを見ずに来店する方も少なくありません。そこで、店内の目立つ場所にデジタルサイネージを設置し、当日のチラシを投影。その日のお買い得品や日替わり品などの情報を提供することで、顧客満足度を高めることができます。
また、メーカーや特定の商品によっては特設コーナーを設け、店内で試食販売や大々的なプロモーションを行うことも多いもの。そのような際にも、売り場にデジタルサイネージを設置してプロモーション動画やスライドを流すことによって販売促進に役立てる方法も考えられます。

 

デジタルサイネージ|まとめ

デジタルサイネージ

デジタルサイネージをスーパーで活用する場合、多くの方は売り上げアップに直結する用途をイメージするものです。
最近では機能が充実しており、画像ファイルなどを一括で更新できたり、新しいファイルを登録することも可能なシステムがほとんどです。技術が向上し顧客が扱いやすいサポートになってきているのが目に見てわかります。
食品コーナーでサイネージを設置することで、ユーザーが必要な情報を取得することができ、販促の施策などでとても便利な機能になっています。
しかし、実際には顧客満足度を高めたり、エンドユーザーにとって使いやすいお店を作ったり、従業員の業務効率化に役立つ方法まで多彩です。
これ以外にも、お店独自のアイデアで有効なデジタルサイネージの活用方法が見つかる可能性もあるため、ぜひ検討してみてください。

デジタルサイネージ スーパー
最新情報をチェックしよう!