デジタルサイネージ|飲食店の成功事例

デジタルサイネージはさまざまな店舗での活用が進められていますが、なかでも導入事例の多いお店が居酒屋やレストラン、カフェといった飲食店です。

飲食店の店舗の規模や用途によってもデジタルサイネージの活用方法はさまざまですが、今回はその中でも代表的な飲食店の導入事例をピックアップしながらご紹介します。

デジタルサイネージを活用した成功事例〜飲食店〜

デジタルサイネージとは販促や顧客へのプロモーションや来店された際の演出で使われるデジタルの媒体です。情報の表示の仕方をこだわることができ、株式会社などではコミュニケーションのツールとして使われています。利用する目的によってスタンド型のものや屋外用の大画面のものなど種類は多く存在します。今では時間毎のスライドの切り替えやコンテンツの更新も容易になりました。

飲食店以外にも導入されている場所は多くあります。他の記事では病院の屋内、店内、イベント、大型モール、案内、社内の情報発信としての導入事例も紹介しています。製品の特徴や映像・機器のコストについても紹介しているので見ていってください。

デジタルサイネージ飲食店|看板

飲食店の規模を問わずデジタルサイネージの導入事例として多いのが、店頭に掲示するサイン(看板)の用途です。

お店の経営形態別に最適な導入事例を3パターンに分けて解説します。

店頭掲示サインとしての活用

繁華街の飲食店

居酒屋やバーなど、主に繁華街に立地している飲食店においては、店頭の入り口付近に立て看板のようにしてデジタルサイネージを設置するケースが多い傾向にあります。

一見大きな看板を掲げたほうが目立つようにも思えますが、繁華街にはお店も密集しており、あえて上方にある大きな看板を見ながら歩くことは意外と少ないもの。

むしろ人間が歩きながら自然と目に入るような高さにある看板や掲示物、メニューなどがアイキャッチとなり、実際にお店の雰囲気を外から確認してから入店するというパターンが多いのではないでしょうか。

そのような意味で、繁華街にある小規模な店舗は大きな看板を出さずとも、デジタルサイネージでインパクトのある看板を掲げたほうが費用対効果は大きくなると予想できます。

ショッピングモール内の飲食店

ショッピングモール内の店舗フロアに展開しているレストランやカフェなどの場合、一般的な屋外立地の店舗よりも掲示物の規制が厳しいケースが多いものです。

たとえば動線となる通路には一切立て看板などを設置することは許されず、ショッピングモール内のルールに従わなくてはなりません。

結果として店舗の広告や宣伝も制限され、個性をアピールしにくいと考える店舗オーナーも多いことでしょう。

しかし、そのような環境下であっても、たとえば日替わりのメニューをデジタルサイネージで訴求することにより、特に子ども連れのファミリー層などには効果的にアピールでき、集客アップにつなげられます。

ファストフード・フードコートの飲食店

同じショッピングモール内であっても、店舗フロアに立地する店舗よりもさらに制約が厳しいのがフードコートにある小規模店です。

物理的に店舗スペースが限られていることもあり、キャンペーンやメニュー情報などの掲示スペースは工夫が必要です。

ランチの時間帯などは待ち時間ができることも多いと思いますが、そのような状況のなかでもメニューを検討できるように、カウンターの上部におすすめメニューなどを掲示することで回転率をアップさせることができます。

頻繁に新商品やキャンペーンが入れ替わるファストフード店などにおいても、デジタルサイネージを活用することでポスターの張替え作業なども省力化でき人件費削減に役立ちます。

デジタルサイネージ飲食店|メニュー表

 

デジタルサイネージでメニュー表への活用<

飲食店におけるデジタルサイネージのもうひとつの活用事例としては、テーブルなどに設置するメニュー表が挙げられます。

最近では居酒屋などでメニュー表とオーダーシステムが一体型となったタブレット端末が配備されていることも多いですが、このほかにもお店の入り口付近に商品画像とともにメニュー表を掲示しておくなどの用途もあります。

従来のメニュー表だけでは分かりづらい商品であっても、デジタルサイネージを活用すれば料理の雰囲気やボリュームなどを一目で伝えることができ、初めてのお客様でも気軽に入れるようなお店になります。

また、新メニューや日替わりメニューなどが登場した際もコストをかけてポスターを印刷する必要もなく、簡単に張替え作業ができるのもデジタルサイネージならではのメリットといえるのではないでしょうか。

デジタルサイネージ飲食店|単価

一口に飲食店といっても経営形態はさまざまで、立地条件やメニュー、客単価によっても売り上げは大きく変わってくるものです。

また、新規にオープンした店舗の場合、初めて入店するお客様にとっては「どの程度の単価なのか」「料理のボリュームはどの程度なのか」「どんな料理を提供しているお店なのか」といった情報がなく、不安に感じてしまうもの。

広告宣伝費をかけてポスターやチラシを作成するのも良いですが、長い目で見たときにはランニングコストもかかってしまいリスクがあります。

そこで、デジタルサイネージを活用することによってお店の情報を視覚的に伝えることができ、集客アップには効果的な方法といえるでしょう。

店舗にデジタルサイネージを導入する際には、設置場所によって適切なディスプレイサイズを検討することはもちろんですが、広告用のデータを取り込む方法も重要なポイントです。

特に個人経営の小規模な店舗であれば、通信機能を備えないスタンドアロン型のデジタルサイネージがおすすめです。

SDカードなどのメディアで広告データを更新する手間はありますが、毎月の通信費も不要で安価に導入できます。

サイネージは最近ではユーザにとって使いやすいサービスに向上しており、動画の作成やページの管理、コンテンツ制作なども簡単になっています。実際に商品の購入につながっている成功事例なども他の記事では紹介しています。

他の記事ではサイネージの強み、弱みやより細かい内容や参考にすべき導入事例も紹介しています。

サイネージの導入を検討している方はこちらへ
https://droots.inc/

デジタルサイネージを活用した成功事例〜飲食店〜
最新情報をチェックしよう!