デジタルサイネージはレンタル派?購入派?

デジタルサイネージ|レンタルか購入か?

テレビ

デジタルサイネージを導入するにあたっては大きく、レンタルするか購入するかの2択となります。どちらを選択するか悩む人も多いことでしょう。
レンタルといっても1日〜3日間、数日に渡るものもあり期間もバラバラです。
購入かレンタルどちらが効率がいいのかきになる方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではレンタルのメリットと注意点をご紹介した上で、レンタルと購入、どちらを選択するのがお得になるのかを見ていきます。

デジタルサイネージとは東京や大阪の街頭ビジョンでよく見かけたりする電子モニターになります。画面のサイズは大型のものだけではなく、タブレット型の小型のものもあり、用途に対応しています。店の商品の表示や病院の診察の詳細についての動画や、さまざまな活用方法があります。デジタルサイネージを販売している会社も多くなってきており1日サポート対応してくれたり、全国に多数のメーカーがあり希望によって豊富な種類が提案可能になっています。最近では気軽に複数のページを変えることができ、活用するシーンに合わせてサイズなどの種類も選ぶことができます。

他の記事ではレンタルに関する事以外に屋外、案内映像として、店、受付、展示会、屋内などの施設毎の導入実績の事例や、スタンド型、ネットワーク型、設置型、壁掛け型などの商品のモデルのタイプの違い、製品の輝度の違い、再生機器・ソフトの料金なども紹介しています。

  1. デジタルサイネージの活用事例について
  2. デジタルサイネージの自作でコンテンツ制作
  3. デジタルサイネージの不具合について
  4. デジタルサイネージ成功事例|店舗
  5. デジタルサイネージのコンテンツのイラスト制作
  6. デジタルサイネージの5Gと今後
  7. デジタルサイネージのコンテンツ制作
  8. デジタルサイネージとAIの将来
  9. デジタルサイネージの効果やメリット
  10. デジタルサイネージの活用事例

デジタルサイネージ|レンタルのメリット

デジタルサイネージ

初期費用

デジタルサイネージを購入する場合、本体の費用もかかりますが、様々な周辺機器も用意する必要があります。初期費用は必然的に高額になります。

レンタルであれば、購入に比べて安く、デジタルサイネージの利用にかかる初期費用の削減が可能です。月額のランニングコストも削減することができるため、全体的にコストを削減することができます。

また、本格的な導入の前段階として、いろいろな利用方法を試してみることも可能です。使用方法は定まっておらず、定期的に使用しない場合でも、イベント時だけレンタルする方法もあります。新規事業の一環としてデジタルサイネージを導入するのであれば、会社の予算も高額ではないでしょうから、低予算の場合でも導入しやすいこともメリットでしょう。

運用イメージがつく

デジタルサイネージを導入した後は、人を惹きつけるコンテンツの作成を継続することが重要です。一時的に目を引いたとしてもすぐ飽きられてしまいます。

業者に依頼するにしても、自作するにしても、どちらが良いのか判断が難しいこともあります。

見た人からの反応がとても良くてコンテンツの更新が頻繁になることもあるでしょうし、それによってコンテンツ作成に想定以上の時間的・人的コストが掛かり、業者への依頼を検討する必要があるかもしれません。

コンテンツ更新の頻度が想定より少なく、業者に依頼する必要がなく、自作で十分なこともあります。レンタルを利用すれば実際に試してみることができ、判断材料になります。

 

後々購入をして本格的に導入を検討している場合は借りる事によってシミュレーションをすることができ、イメージのずれをなくすことができます。また、レンタルであれば、実際のディスプレイ投影時の発色など細かい部分についても事前確認ができます。

デジタルサイネージ|レンタルの注意点

注意

メリットばかりではなく、注意すべき点もあります。

レンタルの期間

最初に決めたレンタル期間を過ぎてもそのまま使用を継続したい時や、その逆に、途中で解約したいケースもあるでしょう。テスト運用で借りる場合には、短めの契約にするか、途中解約しやすいサービスを選択することができます。短期で使用しようと思っていても、契約期間途中での解約ができないかもしれませんので注意が必要です。

デジタルサイネージ|コンテンツ制作・更新

デジタルサイネージ

デジタルサイネージはどんなコンテンツを見せるかが非常に重要です。もともとは全く関心のない通行人の目を引きつけるには、常に魅力ある新鮮なコンテンツを提供し続けなければなりません。情報過剰な時代ですから、少し珍しいくらいのコンテンツや見た目であれば、すぐ見飽きられたり、印象に残らないでしょう。

 

レンタルサービスには、コンテンツ作成が含まれているプランや、作成や更新はオプション料金となるプランがあります。価格を確認した上で、予算と相談して判断しましょう。自作する場合は、自分で定期的に更新し続けることが可能かどうかを検討し、実際にテスト運用してみると良いでしょう。

デジタルサイネージ|レンタルと購入の違い

デジタルサイネージ

イベントや販促キャンペーンなどで短期的に利用したい場合は、借りる方がお得です。また、サイネージを試しに導入してみたいという場合もレンタルがおすすめです。

サイネージを購入する場合、初期費用に加えて毎月など定期的に発生するランニングコストの両方がかかります。店舗にとって効果的なプロモーションの企画がすでに決まっていたり、長期的に運用してコンテンツを充実させたい場合は保守サービスなどを任せることができるワンストップソリューションを提供している企業から購入するのがおすすめです。

また、サイネージの集客効果が実感できたなら、購入を検討するのもよいです。長期的に使用する目処があるのであれば、契約を途中で辞めることもないでしょうし、購入なら最新の機種や求めている機能を備えた機種を自由に選択することができます。

デジタルサイネージ|レンタルか購入か?

ポイント

この記事では、サイネージを借りるメリットと注意点をご紹介した後、レンタルと購入の違いについて書きました。

サイネージを借りるメリットとしては、購入に比べて安い初期費用と、試してみることによる運用イメージがつくことが挙げられます。

また、レンタルの注意点としては、システムを導入するにあたっての送料、借りる期間が変更可能なのかどうか、コンテンツ制作・更新に対する契約条件を注意して見ておくべきでしょう。
札幌から沖縄までの配送料なども見ておきましょう。

サイネージを購入する場合、初期費用と維持費用、両方が必要ですが、既に長期的な戦略が決まっていたり、導入から運用までを一括で任せたい場合はオススメです。
お客様の業種向けの最適なものを選びましょう。
店頭や株式会社の案内などで設置されているサイネージですが、最近ではファイル管理自体もとても簡単なのでこれからの将来性も楽しみですね。

商品の資料一覧や導入を検討している方はこちらへ

https://droots.inc/

天秤
最新情報をチェックしよう!