デジタルサイネージの成功事例|オフィス導入等

デジタルサイネージ成功事例|はじめに

屋外

この記事では、デジタルサイネージを自分の店舗や会社のオフィスに導入しようとする際の流れや成功事例についてご紹介しています。

デジタルサイネージとは、看板や紙のポスターに代わり、液晶ディスプレイなどのデジタル映像機器を使って情報を表示するシステムのことを指します。ここ数年で、街中や建物の中で見かける機会も増えてきています。
イベント会場ではセミナーの告知やインフォメーション等の情報共有、情報発信で使われています。
実際に成功事例も出てきており、自治体なども活用しております。
最近ではニュース、災害連絡、工場での情報の共有、会議室、食堂、会議施設、駅のホーム、株式会社のショールームやエントランス、ホテルや大学、会議施設などさまざまな業種で使われており、各種活用の仕方も異なります。

企業の案内情報やイベントのメニュー一覧なども閲覧することができ、広告として新しい製品になっています。
最近ではデータのダウンロードやサポートの取り扱いが簡単に操作可能になり、資料の閲覧など紙媒体で問題となっていたソリューションとしての機能を実現しております。
これから自店舗や自社へのデジタルサイネージ導入を検討している方の参考となれば幸いです。

他の記事では、導入事例(受付、社員の営業用、店、情報の伝達の連絡網など)や、より詳しいオフィスサイネージの概要をコラムにして書いているので見ていってください。

デジタルサイネージ成功事例|導入時

デジタルサイネージ

導入するにあたって必要なものを理解しておくことが重要です。まずは、モニターなどの映像表示装置とコンテンツを管理するソフトウェアが必要です。またハードウェア、ソフトウェアは購入しただけで終わりではなく、保守やメンテナンスも必要になります。

 

デジタルサイネージでは、様々なコンテンツを準備しておく必要があります。多拠点配信に対応したオペレーションを考慮する必要がありますし、伝えたい情報だけを放映するのではなく、見る人に対して有益な情報を提供しなければ、継続して見てもらえなくなってしまいます。

デジタルサイネージ成功事例|ステップ

オフィス

デジタルサイネージを導入するためのステップは以下の流れになります。

1.課題分析、効果設定

まずデジタルサイネージを設置する目的や、自社としてPRしたい内容、予算について、社内の関係者でしっかりと話し合います。

 

例えば効果としては以下が考えられます。

 

会社の入口にウェルカムボードとしてデジタルサイネージを設置し、お客さんが待っている時間に会社の商品サービスや様々な広報PRを流すことで、認知度向上になります。

 

紙媒体の掲示物をデジタル化することで、張り替え作業や印刷の手間・コストを削減することができます。また、データを用意して表示するだけなので、掲載がスピーディーになります。

 

次に、デジタルサイネージを取り扱っている業者を選びます。導入後に運用やメンテナンスで困ることも多いでしょうから、過去の実績や評価を見て判断するとよいでしょう。

 

課題分析が不足していると、たとえせっかくデジタルサイネージを導入したとしても失敗してしまうことが多いです。自社の課題を分析し、その解決のためにどのようにデジタルサイネージを活用し、どんな効果目標を設定するのかを検討していきます。

 

まずは課題分析のために、今までに自社のターゲットがどの層を含んでいるのかを整理する必要があります。お客様が自店をメインのお店としているのかを分析します。

 

ターゲット分析が重要な理由は、たとえ多くの人目につくことができたとしても、それを目にするユーザーと宣伝されている商品のターゲット層が違ってしまっていたら、当然ながら十分な宣伝広告効果を得ることができないからです。ネット検索をしてたどり着いた先のページが自分が探し求めていた情報とは異なったという経験を多くの方がしたことあるでしょうが、そのような感覚でしょう。

2.サイネージ活用設計

選択した業者に問い合わせをして、どんな機器が必要なのか、価格はいくらくらいかなどを担当者と相談します。

 

担当者に対してはどのような目的でデジタルサイネージを導入するのかをしっかり伝えるのが特に大切なポイントです。担当者としっかりコミュニケーションを取ることができれば、目的に基づいた提案を受けることができます。

 

ターゲットと、そのターゲットをどういった行動に誘導するかが決まれば、その目的を達成するためのデジタルサイネージの活用方法を決めることができます。主に以下のようなパターンがあります。

 

①店舗の屋外向け

②店舗入り口

③エレベータ前/エスカレータ付近

④重点商品コーナー

⑤種類の多い商品の陳列スペース

⑥レジ前

3.コンテンツ施策設計

設計の詳細が決まったら、業者に設置場所を視察してもらい、視察によって、設置に工事が必要かどうか、また工事費用はいくらかなどが決まっていきます。

 

次は活用方法に合わせてどのようなコンテンツが必要となるかを洗い出します。単純に安いくてお得、といったメリットだけで訴求するのではなく、ターゲットに対して全く新しい気付きを与えて行動喚起してもらうコンテンツはどのようなものであるかを考えます。コンテンツの種類ごとに決まった「型」を作っておくことで、短期間でコンテンツを切り替えて配信することもできます。

 

ディスプレイなどの機器を業者に設置してもらいます。また、設置作業自体は業者へお任せすることになりますが、画面がつかないなどのトラブルを避けるために、設置後の動作確認の現場には必ず立ち会いましょう。

デジタルサイネージ成功事例|店頭

飲食店の規模を問わずデジタルサイネージの導入事例として多いのが、店頭に掲示するサイン(看板)の用途です。

お店の経営形態別に最適な導入事例を3パターンに分けて解説します。

店頭掲示サインとしての活用

繁華街の飲食店

居酒屋やバーなど、主に繁華街に立地している飲食店においては、店頭の入り口付近に立て看板のようにしてデジタルサイネージを設置するケースが多い傾向にあります。

一見大きな看板を掲げたほうが目立つようにも思えますが、繁華街にはお店も密集しており、あえて上方にある大きな看板を見ながら歩くことは意外と少ないもの。

むしろ人間が歩きながら自然と目に入るような高さにある看板や掲示物、メニューなどがアイキャッチとなり、実際にお店の雰囲気を外から確認してから入店するというパターンが多いのではないでしょうか。

そのような意味で、繁華街にある小規模な飲食店は大きな看板を出さずとも、デジタルサイネージでインパクトのある看板を掲げたほうが費用対効果は大きくなると予想できます。

ショッピングモール内の飲食店

ショッピングモール内の飲食店フロアに展開しているレストランやカフェなどの場合、一般的な屋外立地の飲食店よりも掲示物の規制が厳しいケースが多いものです。

たとえば動線となる通路には一切立て看板などを設置することは許されず、ショッピングモール内のルールに従わなくてはなりません。

結果として飲食店の広告や宣伝も制限され、個性をアピールしにくいと考える店舗オーナーも多いことでしょう。

しかし、そのような環境下であっても、たとえば日替わりのメニューをデジタルサイネージで訴求することにより、特に子ども連れのファミリー層などには効果的にアピールでき、集客アップにつなげられます。

ファストフード・フードコートの飲食店

同じショッピングモール内であっても、飲食店フロアに立地する店舗よりもさらに制約が厳しいのがフードコートにある小規模店です。

物理的に店舗スペースが限られていることもあり、キャンペーンやメニュー情報などの掲示スペースは工夫が必要です。

ランチの時間帯などは待ち時間ができることも多いと思いますが、そのような状況のなかでもメニューを検討できるように、カウンターの上部におすすめメニューなどを掲示することで回転率をアップさせることができます。

頻繁に新商品やキャンペーンが入れ替わるファストフード店などにおいても、デジタルサイネージを活用することでポスターの張替え作業なども省力化でき人件費削減に役立ちます。

デジタルサイネージ成功事例|メニュー表

 

デジタルサイネージでメニュー表への活用<

飲食店におけるデジタルサイネージのもうひとつの活用事例としては、テーブルなどに設置するメニュー表が挙げられます。

最近では居酒屋などでメニュー表とオーダーシステムが一体型となったタブレット端末が配備されていることも多いですが、このほかにもお店の入り口付近に商品画像とともにメニュー表を掲示しておくなどの用途もあります。

従来のメニュー表だけでは分かりづらい商品であっても、デジタルサイネージを活用すれば料理の雰囲気やボリュームなどを一目で伝えることができ、初めてのお客様でも気軽に入れるようなお店になります。

また、新メニューや日替わりメニューなどが登場した際もコストをかけてポスターを印刷する必要もなく、簡単に張替え作業ができるのもデジタルサイネージならではのメリットといえるのではないでしょうか。

デジタルサイネージ成功事例|飲食

一口に飲食店といっても経営形態はさまざまで、立地条件やメニュー、客単価によっても売り上げは大きく変わってくるものです。

また、新規にオープンした飲食店の場合、初めて入店するお客様にとっては「どの程度の単価なのか」「料理のボリュームはどの程度なのか」「どんな料理を提供しているお店なのか」といった情報がなく、不安に感じてしまうもの。

広告宣伝費をかけてポスターやチラシを作成するのも良いですが、長い目で見たときにはランニングコストもかかってしまいリスクがあります。

そこで、デジタルサイネージを活用することによってお店の情報を視覚的に伝えることができ、集客アップには効果的な方法といえるでしょう。

飲食店にデジタルサイネージを導入する際には、設置場所によって適切なディスプレイサイズを検討することはもちろんですが、広告用のデータを取り込む方法も重要なポイントです。

特に個人経営の小規模な飲食店であれば、通信機能を備えないスタンドアロン型のデジタルサイネージがおすすめです。

SDカードなどのメディアで広告データを更新する手間はありますが、毎月の通信費も不要で安価に導入できます。

デジタルサイネージ成功事例|まとめ

技術

この記事では、店舗やオフィスがデジタルサイネージを導入するまでの流れと成功事例についてご紹介しました。

他のことにも当てはまるでしょうが、ただ導入するのではなく、導入目的や効果をきちんと検証した上で導入の流れに入っていくのがよいでしょう。

売上をあげ業務の活性化のためにもオフィスサイネージの導入を検討している方、複数のカタログを見たい方はこちらへ
https://droots.inc/

デジタルサイネージ
最新情報をチェックしよう!