デジタルサイネージでオフィス改革?

オフィス改革|デジタルサイネージ

 

オフィス

先進的な広告宣伝のツールとしてデジタルサイネージが注目を集めています。

従来のポスターやチラシといった紙媒体でのツールよりも効果が見込めるだけではなく、実は働き方改革にも有効であることをご存知でしょうか。

今回の記事では、デジタルサイネージを働き方改革に活用するための事例も含めて詳しく解説していきます。

デジタルサイネージとは、イベントや工場、会議での連絡伝達の共有やニュース、食堂などで商品を確認できるデジタルのモニターになります。様々な目的に応じて設置されており最適な機能を提供しているものになります。今ではお客様でも簡単にコンテンツの一覧を変えることができたり、気軽にサポートを使うことができ、コンテンツ制作も管理もpowerpointでできます。無料のテーマなどが存在し元々用意されているものを編集することができるのでとてもスムーズに作成が可能です。

会議しつや本社のエントランス、災害のサイトマップでも活用されていたりします。

他の記事では社内の会議室、天気予報、営業シーン、社員同士の情報共有などでの効果的なシステムの利用方法や、製品や機器の価格に関しても紹介しています。

オフィスサイネージ|働き方改革

オフィス

ここ数年の間に働き方改革の政策が浸透してきており、今では大企業から中小企業まで多くの企業がさまざまな施策に取り組んでいます。

働き方改革という言葉を聞くと、単に残業時間を削減したり福利厚生制度を充実させたりといったものをイメージする人も多いのではないでしょうか。

実はこれらの施策は働き方改革を進めるための一つの手段に過ぎず、本来は「一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ」とされています。

少子高齢化が進む日本では、今後人口が減少し、それにともなって働き手となる労働生産人口も減少傾向が続くと予想されています。

かつては世界第2位を誇った日本のGDPも、現在では米国と中国に次ぐ3位へと陥落しました。

物理的に人口が減少し続けている中で、これまでと同じ働き方をしていては長期的な成長は見込めません。

そこで、限られた労働人口のなかでも経済的成長を維持できるように、働き方を見直し効率化することが求められます。また、同時にこれ以上の人口減少を食い止めるために、出生率の底上げを図ることも重要です。

このように、働き方改革は現在社会で活躍している労働者を守ると同時に、労働人口の減少を食い止め、長期的に将来の日本を支える重要な政策であると位置づけられているのです。

 

オフィスサイネージ|活用例

オフィスサイネージは社内で活用されている導入事例が多くメリットがあり効果が出ている事例はたくさんあります。

しかし、そもそもデジタルサイネージと働き方改革は、一見関連性が薄いように感じられる人も多いのではないでしょうか。ですが、実はアイデア次第で業務への活用の幅が広がり、さまざまな業務効率化が見込めるのです。

 

オフィス

1.受付に設置

会社の受付では来客者向けにさまざまな案内を行う担当者が配置されていることがあります。問い合わせや案内の内容もさまざまで、なかには毎日同じような内容を繰り返し行うことも多いもの。そこで、定型的な案内についてはデジタルサイネージで表示しておくことで、受付担当者の業務負荷を大幅に軽減できるほか、状況次第では受付に配置する人員を最小限に削減することも可能になります。

定型的な業務を従業員ではなくデジタルサイネージに任せることによって、よりクリエイティブな業務に従業員を配置することができ、結果として会社の生産性が向上していくと期待されます。

 

2.商談スペースに設置

自社の商品やサービスを販売するために、専用の商談スペースがある会社も多いのではないでしょうか。これまでの商談風景といえば、カタログやパソコンを開いて案内をするケースが定番でしたが、デジタルサイネージを活用すればより直感的で分かりやすい商品説明が可能になります。

デジタルサイネージはパソコンに比べて画面サイズも大きく、一度に表示できる情報も圧倒的に多いため、説明を受ける側も直感的に理解できるようになります。結果として商談のための事前準備や説明の時間も短縮でき、より多くの顧客に対して効率的な商談が可能です。

 

3.ペーパーレス化

ポスターや商談用の資料、商品やサービスのチラシなど、これまで紙によって制作されていたものもデジタルサイネージを活用することでペーパーレス化が可能になります。特にポスターは週ごと、月ごとに新しいものに貼り替える手間がかかり、印刷コストはもちろん人件費も高額になりがちです。数枚程度の貼り替えであれば問題ありませんが、複数店舗に数十枚、数百枚といった単位で送付して貼り替えとなると莫大なコストがかかってしまいます。

デジタルサイネージを導入すれば、本部からそれぞれのデジタルサイネージに更新データを送り、クラウドを経由してオンラインで自動的に更新することも可能となります。

 

4.企業イメージの改革

デジタルサイネージは徐々に浸透してきているものの、多くの企業や店舗では本格的な導入に至っていないところがほとんどです。しかし、だからこそ率先して導入することによって、他社との差別化につなげることもできます。特にIT企業などの場合、紙のポスターやパンフレット、チラシなどよりもデジタルサイネージを活用することによって、先進的なイメージを印象づけることも可能。

また、IT企業ではなくてもデジタルサイネージそのものが多くの人の目を惹き付けるため、広告効果としても抜群といえるでしょう。先進的な取り組みを行っているということは、それだけ設備投資や広告費に予算をかけられるということの裏返しでもあり、信頼性の高さをアピールすることにもつながります。

 

オフィスサイネージ|まとめ

デジタルサイネージ 病院

デジタルサイネージは今回紹介した4つの事例以外にも、さまざまな場面で働き方改革につなげることができます。ディスプレイのサイズや設置場所によってもデジタルサイネージの用途はさまざまで、少ないコストで手軽に導入できるものもあります。今回の事例を参考にしながら、ぜひデジタルサイネージを働き方改革に役立ててみてください。

他の記事では社内でのより細かいオフィスサイネージ、広報としてのサイネージの活用、導入前の注意事項や、おすすめの活用方法、売上を促進させて社内の活性化をした導入事例などを紹介しています。

オフィスサイネージの社内での活用や導入を考えている方、商品の概要を知りたい方はこちらへ
https://droots.inc/

オフィス
最新情報をチェックしよう!