デジタルサイネージのレンタルについて

広告による効果を最大化するという目的でデジタルサイネージの導入を検討している方も多いと思いますが、どうしてもネックになるのがコストです。デジタルサイネージの本体を購入するとなると数十万円単位の費用がかかるため、導入に躊躇してしまうケースもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、デジタルサイネージのレンタル契約です。今回はデジタルサイネージをレンタル契約することでどの程度の費用がかかるのか、さらにはレンタル契約のメリットとデメリットについても詳しく解説します。

デジタルサイネージとは企業の案内や店舗での商品表示、街頭ビジョンなどで掲載されている電子モニターです。
今ではコンテンツの作成や動画の切り替え、ダウンロードの管理なども簡単になっています。
今ではメーカーもたくさんあるので沖縄から札幌まで、業種は工場現場から病院まで多種多様に活用されています。

他の記事では機器やデジタルサイネージの価格に関しての記事も書いていますのでぜひ見て見てください。

レンタル|デジタルサイネージの料金

コスト

デジタルサイネージと一口に言っても、ディスプレイの大きさやネットワーク接続機能の有無、屋内用と屋外用などのタイプによって料金は変わってきます。

たとえば比較的小さいサイズの32インチのスタンドアロンタイプであれば、1日あたり1万円程度のレンタル料金で利用することもできます。一方で60インチや70インチといった大サイズのディスプレイとなると5〜6万円程度のレンタル料金がかかることもあります。さらに屋外用のデジタルサイネージとなると、さらにレンタル料金は高額となり、32インチでも1日あたり3万円以上のコストが必要となるケースも少なくありません。

 

レンタル|デジタルサイネージのメリット

未来・5G画像

デジタルサイネージのレンタル料金だけを見てみると、購入したほうが安いのではないかという結論に至る人も多いと思いますが、それでも活用方法によってはレンタル契約のほうが適していることもあります。デジタルサイネージを借りるメリットを4つご紹介しましょう。

1日単位で利用できる

たとえばイベントやキャンペーンなどで短期的にデジタルサイネージを利用したい場合、そのためだけに数十万円ものコストをかけて導入するとコストが無駄になってしまいます。この先定期的にイベントを開催するなど、ある程度の頻度での利用が想定される場合であれば購入したほうが良いかもしれませんが、あくまでも期間限定的に短期間で利用するのが前提の場合であれば、借りて契約したほうが効率的といえるでしょう。

費用対効果を検証できる

デジタルサイネージを初めて導入する場合、本当に広告効果が見込めるのか不安に感じることも多いものです。従来のポスターや掲示板に比べると初期費用も高額で導入を躊躇する声も聞かれます。そこで、本格的にデジタルサイネージを導入する前に短期間で借りることで、どの程度の広告効果が見込めるのかを検証できるメリットがあります。

デジタルサイネージならではの広告コンテンツにはどのようなものが有効なのか、商品の売れ行きや来店客の増加率なども考慮しながら適切に判断できるはずです。

配送や設置にも対応

デジタルサイネージのレンタルを申し込むと、ほとんどの事業者は設置や配送までワンストップで対応してくれます。レンタル料金のほかに配送料や設置費用がかかることもありますが、別途工事業者を探して依頼する手間もないため安心です。当然のことながら、普段からデジタルサイネージの設置作業に慣れた作業員が担当するため、現地でスピーディーに開梱、設置をしてくれます。

メリット④保管場所に困らない

デジタルサイネージは大型の精密機械でもあるため、利用しない場合の保管場所にも気を使わなければなりません。ポスターであれば丸めてコンパクトに収納することもできますが、デジタルサイネージは画面サイズが大きくなればなるほど収納場所に困るもの。しかし、レンタル契約であれば利用期間が終了すればすぐに返却するため、常時倉庫に保管しておく必要もありません。

 

レンタル|デジタルサイネージのデメリット

注意

サイネージのレンタル契約を検討するうえでデメリットとして考えられるポイントを2つご紹介します。

長期利用が前提だとコストが高い

レンタル契約を結ぶ期間によっては、本体を購入したほうが安くなるケースも十分考えられます。数日単位でのレンタルであれば問題ありませんが、数ヶ月や半年といった単位でレンタル契約を結んでしまうと、初期費用とランニングコストを考慮しても購入したほうが安く収まるケースがほとんどです。

サイネージのレンタルを扱っている事業者のなかには、本体の販売も手掛けている会社も多いため、どちらが安く済むのか相談してみるのがおすすめです。

事故や不具合によってコストがかかることも

イベントなど不特定多数の人が集まる場所にデジタルサイネージを設置していると、来場者がぶつかったり子どもがいたずらをしたりして破損させてしまうこともあります。なので別途保証の契約が必要となることも多いため、事前に確認しておくことが大切です。

利用用途に応じて適切な契約形態を選択

デジタルサイネージ

初期費用が高額になりがちなサイネージの導入にあたっては、レンタル契約は手軽に利用できる方法のひとつです。今回紹介してきたように、本体を購入した場合とレンタル契約を結んだ場合のメリットやデメリットを比較しながら、利用用途や期間に応じて最適な契約形態を選択するようにしましょう。

実際導入を考えると製品の輝度やタブレット型なのかスタンド型なのかや、機種別の料金、コンテンツの制作のためのソフトなども費用としてかかってきます。
展示会などにいけばお客様向けにポップを用意していたり、実際目の前でサービスを見れることが可能なのでぜひ足を運んで見てください。(展示会は1日から3日間のものもあります。)

導入を検討している方はこちらへ
https://droots.inc/

タッチパネル
最新情報をチェックしよう!