デジタルサイネージの活用事例

近年、ディスプレイの価格が急速に安くなってきたことから、デジタルサイネージの価格が下がり導入もしやすくなっています。デジタルサイネージが普及してきた結果、その利用価値に注目が集まり様々なロケーションで導入が進み始めています。

 

デジタルサイネージは今、どのようなロケーションで活用されているのでしょうか。

デジタルサイネージとは屋外のプロモーションなどで使われているデジタルのモニターです。今ではユーザーが動画の管理をしやすくで切るようにサービスが提供されているのでとても扱いやすい媒体になっています。
マーケティングのアイデア次第ではとてもメリットがあり費用対効果が高いツールになります。
成功させるコツや他の導入事例を掲載していますのでぜひ参考にしてください。

他の記事ではデジタルサイネージに関わる機器の特徴や効果的な宣伝の仕方や病院、店などの導入事例、コンテンツ制作のデザイン、オフィスサイネージに関する記事、サイネージの選び方が容易に可能になる見方も紹介しております。

デジタルサイネージ活用事例|店舗

デジタルサイネージでメニュー表への活用

デジタルサイネージと聞いて最初に頭に思い浮かべるのは、店舗で活用されている姿という人も多いでしょう。

 

レストランやカフェ、ショップなどの店頭にデジタルサイネージを設置しておけば、通りがかる人の目を引いて集客力のアップにつなげることができます。その際、デジタルサイネージに表示する内容としては、タイムセールや季節ごと、月ごとなどのキャンペーン、新商品の案内などが考えられます。

 

また、タッチするだけで操作できるタッチディスプレイ対応のデジタルサイネージを店頭に設置しておけば、店舗内に入る前のお試し利用に活用することができ、一見のお客様でも店舗に入りやすくなるという効果もあります。

 

そのほか、店舗内にデジタルサイネージを設置してセール情報や商品の簡単な説明、新商品入荷情報などを表示しておげば、販売促進にもつながるでしょう。

 

デジタルサイネージ活用事例|公共施設

テレビ

駅構内や駅の周辺、図書館、市(区)役所など、公共施設にデジタルサイネージを設置することも増えています。

 

デジタルサイネージは時間帯や期限を指定しての表示ができますから、狙った利用者に向けた案内ができるといったメリットがあります。また、限られたスペースで多くの表示ができますので、紙のポスターで告知するよりも目立つようにしながら、より幅広いターゲットに向けた案内ができるようになります。

 

そのほか、公共施設には緊急時における情報発信も求められますが、その点でも地震、洪水、津波、火災などの災害が発生した、あるいは発生しそうな場合、その情報をデジタルサイネージ上へとすぐに表示することで使命を果たすことができます。

 

デジタルサイネージ活用事例|オフィス

デジタルサイネージで作る空間演出

デジタルサイネージはオフィスでも活用できます。

 

オフィスでのデジタルサイネージの活用シーンは以下のように3つのパターンが挙げられます。

 

  • 自社社員に対しての情報発信
  • クライアントに対しての情報発信
  • 面接者に対しての情報発信

 

自社社員に対しての情報発信

 

自社社員への情報発信としてデジタルサイネージを活用する場合、以下のような活用シーンが考えられます。

 

オフィス内の主要な位置にデジタルサイネージを設置して、社内の重要なお知らせなどを流せば社員が情報共有できるようになります。オフィス内における情報共有手段は、メールやグループウェア、ビジネスチャットツールなどのほか、古くから存在する回覧板や文書による方法もあります。しかしこれらの情報共有手段は社員個人の問題意識に頼るものですので、どうしても確認漏れや伝達漏れが起こる場合があります。

 

その点、出社するときに必ず通る場所にデジタルサイネージを置いておけば、それらの漏れを防ぐことができます。デジタルサイネージに、社内イベントやレクリエーションなどの情報、新入社員の自己紹介を流しておけば社内報代わりとなり、社員間のコミュニケーションツールとしても活用できるでしょう。

 

オフィスの会議室には、ホワイトボードか大型ディスプレイ、あるいはその両方が設置されていることが多くあります。しかし会議室にデジタルサイネージを設置すれば、1台でホワイトボードと大型ディスプレイ両方の役割を担ってくれます。

 

デジタルサイネージにはパソコンの画面を投影する機能も持っていますので、PowerPointなどで作成した資料を表示させることで、会議に参加しているメンバー全員にプレゼン資料を一度で見せることができるようになります。

 

また、電子黒板タイプのデジタルサイネージであれば、画面に表示されている資料に直接メモ書くことができ保存もできますので、ホワイトボード以上の役立ってくれるでしょう。

 

面接者に対しての情報発信

 

オフィスエントランスや受付場所の近くにデジタルサイネージを設置して面接会場までの案内や面接者への注意事項などを表示しておけば、採用者に対しての情報発信にもなります。最近のオフィスは無人の受付も増えていますが、デジタルサイネージで表示しておけば面接者が訪れたときも迷うことがなくなります。

 

クライアントに対しての情報発信

 

受付近辺にデジタルサイネージを設置しておくことは、クライアントへの情報発信にもつながります。受付近辺に自社製品や自社サービスの案内パンフレットを置いておくことは多いと思います。しかしクライアントがパンフレットを持ち帰っても読んでくれない可能性はありますし、パンフレットは上質な紙を使いますので制作コストもかかります。

 

その点、デジタルサイネージに自社製品や自社サービス表示しておけば、その場でクライアントに見てもらえる可能性が高まります。紙に印刷をしませんので、コストも低く抑えることができます。

 

デジタルサイネージ活用事例|ビル

デジタルサイネージを活用した成功事例〜飲食店〜

様々な人たちが集まるビルやマンションにデジタルサイネージを設置することは情報提供に役立てることができます。

 

テナントビルなどの受け付けやエレベーターホールなどに設置したデジタルサイネージに、そのビルの施設情報やお知らせなどを表示しておけば、入居テナントやそのビルに訪れる人たちの利便性が向上するでしょう。

 

マンションの場合、エントランスや共有スペースにデジタルサイネージを設置しておけば、近隣情報や自治体情報、管理会社からのお知らせなどの配信に利用できます。

 

従来、ビルやマンションなどからのお知らせは紙のポスターやチラシを掲示する形となっていましたが、それでは掲示されたポスターやチラシが多くなってしまい、重要な情報が埋もれがちでした。しかしデジタルサイネージでは、わかりやすい形で重要な情報をお知らせできるのです。

 

また、ポスターやチラシの場合、張り替えの手間がかかっていましたが、デジタルサイネージであればその手間を無くすことができるので管理者側のメリットにもつながります。

 

デジタルサイネージ活用事例|建築現場

電柱

建築現場では毎朝、工事の進捗状況や当日の天気情報(熱中症予防情報など)、気温、湿度、作業員数などといった情報が貼り出され、朝礼で作業員に共有することとなっています。

 

このような情報は時間が経つことで変更される場合もありますが、サイネージであればリアルタイムに表示する情報を変更できるため、情報伝達看板として使うこともできます。もし朝礼に参加できなかった作業員がいたとしても、後でその作業員に対してわざわざ伝達する必要がなくなります。

 

工事現場近隣の住民や通行人に対して、工事内容の案内看板を設置することが法律で義務付けられています。案内看板に手書きで工事内容を書いていると内容の書き漏れや更新漏れが発生する可能性がありますが、サイネージにすればその可能性を低減できますし視認性も高い看板となります。その際、完成イメージ図や週間工程表などを併せて表示させておけば、近隣住民に対するイメージアップも見込めるでしょう。

 

デジタルサイネージ活用事例|まとめ

未来・5G画像

価格が安くなり、高機能を持つ製品も増えてきたことで、サイネージの導入シーンは広がりつつあります。今や、「デジタルサイネージ」は「=電子看板」という概念に留まりません。広告メディア、販促メディアだと捉えて、新たな導入シーンを模索していきませんか。

他記事では空間の演出の仕方や顧客の来店率を上げるための効果的な映像の使い方、コンテンツに合わせたシステムを種類別に解説しています。

導入を検討している方はこちらへ
https://droots.inc/

デジタルサイネージ
最新情報をチェックしよう!