デジタルサイネージ導入事例|安く設置

次世代の広告媒体としても注目されているデジタルサイネージですが、大画面の液晶ディスプレイで莫大なコストがかかるのではないかと不安に感じている方も多いのではないでしょうか。たしかに液晶ディスプレイのサイズが大きくなればなるほどコストが上昇することは当然ですが、デジタルサイネージを安く導入するためにはいくつかのポイントも存在します。
今回の記事では、主に4つのポイントに絞ってデジタルサイネージのコストを抑える方法を解説します。

 

デジタルサイネージを安く導入する方法

デジタルサイネージとは、株式会社でのコミニュケーションのツールとして使われていたり、顧客の来店時にリアルタイムでページを変えたり、商品の購入を促すサービスとしてとても効果的なデジタルの媒体です。今ではユーザー向けにコンテンツのダウンロードやページ・動画の管理などとても簡単なシステムを提供しています。

他の記事ではイベント、企業の受付、店のインフォメーション、セミナー、ショールーム、ホーム、大学の案内、ホテルでの活用事例を紹介しています。ビジネスの提案、メニューカタログ、社内の情報共有を目的にした導入事例も紹介しています。
製品やシステムや映像のコストなども記事にしています。

デジタルサイネージ導入|サイズ

 

最適なサイズを把握する

デジタルサイネージを設置する場所によっても最適な画面サイズは異なります。大きければ大きいほど良いというものではなく、適切なサイズを見極めないと存在感がなく広告効果が見込めなかったり、反対に大きすぎてしまうと表示されているコンテンツが見にくいなどの弊害が生じます。

一般的にデジタルサイネージは画面サイズが大きければ大きいほど導入コストも高額になりますが、解像度の選択も重要なポイントのひとつです。

一般的な広告であればHD画質の液晶ディスプレイで十分ですが、より高級感のある広告を展開してブランドイメージを向上させたい場合は、4K対応の高画質液晶ディスプレイを搭載したデジタルサイネージも選択肢として検討してみましょう。

デジタルサイネージの画面サイズは電気代などのランニングコストにも影響してくるため、できるだけコストを抑えたいのであればやはり小型サイズの液晶ディスプレイがおすすめです。

デジタルサイネージ導入|スタンドアロン型

スタンドアロンで運用する

デジタルサイネージにはネットワーク接続に対応したものと、ネットワークに接続しないスタンドアロンタイプが存在します。

ネットワーク接続に対応しているとオンライン上からコンテンツの配信や入れ替えが簡単にできる一方、毎月の通信コストがかかってしまいます。

また、スタンドアロン型に比べてデジタルサイネージ本体の購入価格やレンタル料金も高額になりがちです。

ネットワーク対応型のデジタルサイネージの導入がおすすめなのは、複数店舗を経営していて広告コンテンツの更新を効率化させたい場合など。

一方で、もし個人で経営している小規模な店舗にデジタルサイネージを導入するのであれば、通信費が節約できるスタンドアロン型のデジタルサイネージがおすすめです。

スタンドアロン型はUSBメモリやSDカードなどの記憶媒体を使ってコンテンツの入れ替えが必要ですが、小規模店舗で1台または数台程度のデジタルサイネージを運用するうえでは大きな手間に感じることもないはずです。

デジタルサイネージ導入|通信コスト

通信コストの節約

もしネットワーク接続タイプのデジタルサイネージを導入するのであれば、広告用コンテンツを配信する際に利用するネットワーク回線も慎重に検討してみましょう。

デジタルサイネージを導入する店舗や会社にすでにインターネット環境が整備されている場合であれば問題ありませんが、もしWi-Fiが届かない屋外やネットワーク環境がない場所にデジタルサイネージを導入するとなると、モバイルWi-Fiルーターのような専用ネットワーク回線が必要となります。

最近では月額数千円程度で利用できるデータ通信用プランが用意されているほか、格安SIM(MVNO)での契約で大幅に料金を節約することも可能です。

デジタルサイネージへ広告データを送り更新する頻度によってもデータ量は変わってきますが、月に数回程度の更新であれば1GBにも満たないケースも多いです。

また、少し手間な作業ではありますが、現在テザリング機能を利用できるスマートフォンを契約している場合は、広告データを更新するときに現地へ行ってデジタルサイネージとスマートフォンを接続して通信を行うという方法もあります。ただし、この場合はデジタルサイネージの台数が多くなればなるほど作業負担も増えるため、スタンドアロン型のデジタルサイネージのほうが適しているともいえます。

デジタルサイネージ導入|プラン比較

コスト

デジタルサイネージの本体を購入するのではなくレンタルで検討している場合は、複数のレンタル提供会社の料金プランを比較してみましょう。

同じ液晶ディスプレイのサイズ、スペックであっても、会社によってレンタル料金に差があることも多く、さらには万が一の際に備えた保険内容も異なります。

料金の安さだけに目を取られるのではなく、保険やその他条件まで細かく見たうえで判断するようにしましょう。

デジタルサイネージ導入|まとめ

デジタルサイネージ

デジタルサイネージを導入するうえでコストを安く抑えるためには、今回紹介したポイント以外にもさまざまな方法があります。

重要なのは初期費用だけではなく、その後発生する電気代や通信費用、保険などにかかるランニングコストも考慮して選ぶことです。

広告効果を高め集客や売り上げアップを達成するためにも、ぜひ今回紹介したポイントを参考にしながらデジタルサイネージの導入を検討してみてください。

サービスや商品カタログの資料請求・一覧を見たい方、サイネージの導入を検討している方はこちらへ

https://droots.inc/

通信コストの節約
最新情報をチェックしよう!