デジタルサイネージの効果が高い活用方法

デジタルサイネージの効果が高い活用方法

この記事では、効果が高いデジタルサイネージの活用方法をご紹介します。具体的な事例を挙げることによって、「このように利用することで導入して活用できそう。」というイメージを広げることにもなります。

デジタルサイネージとは新しい情報発信の手段として紙媒体ではなく、デジタルの画面で製品のプロモーションやコミュニケーションのツールとして使われています。今ではイベント、大型モール、病院などでも使われており、状況に応じて効果的な使い方も異なります。

他の記事では参考にすべき導入事例や、サービスコンテンツ制作にかかる費用、デジタルサイネージの種類ごとの機能も紹介していますのでぜひ目にしてください。

  1. デジタルサイネージのレンタルについて
  2. デジタルサイネージの自作でコンテンツ制作
  3. デジタルサイネージ|コンテンツイラストの作成方法
  4. デジタルサイネージの病院での導入事例
  5. デジタルサイネージのスーパーでの導入事例
  6. デジタルサイネージの不具合について
  7. デジタルサイネージはレンタル?購入?
  8. デジタルサイネージの価格相場
  9. デジタルサイネージの輝度について
  10. デジタルサイネージの活用|働き方改革
  11. デジタルサイネージの活用事例を紹介

活用方法①頻繁なコンテンツの入れ替え

表示内容をタイミング良く切り替えることで、アピールできる商材の幅を広げるという活用が可能です。紙媒体などであれば、簡単にスピード良く変更することが難しいでしょう。

また、その日の時間帯や曜日によって内容を変えることも可能です。同じコンテンツのみを継続して流すよりも、顧客の層に合った広告や情報提供ができる特徴があります。

コンテンツの配信拠点を中央、例えば本店・本社に集約することができるため、案内対応の人件費を削減する効果も見込むことができます。例えば、飲食店舗での活用であれば、季節のランチメニューを自動で切り替えたり、営業時間や休日案内、期間限定のキャンペーンなどの情報を柔軟に切り替えて運用することも可能です。競争が激しい業界ほど、他店の動向、業界や社会情勢の変化にスピード良く反応しなければなりません。

活用方法②地域活性化

地域活性化を目的としてデジタルサイネージを導入することも効果的です。商店街の中にある各商店が自社のパソコンから無料でコンテンツを配信する方式により、運営費を抑えることができます。また、ユーザーが駅前の屋外デジタルサイネージで店舗を検索し、ケータイをタッチしてクーポンを受け取り来店する流れを作ることもできます。コンテンツは各店舗が配信する運用だとしても、更新頻度に応じて画面へ登場する頻度が変わるため、店舗が積極的に参加するモチベーションにもなります。

 

建築デザインや内装デザインと調和融合された映像演出をおこなえることもデジタルサイネージの強みです。デジタルサイネージならではの演出が話題性を生み出し、集合場所として活用されたり、レジャー・施設の集客増に貢献します。目立って特徴が分かりやすい場所は待ち合わせ場所の定番として、その街の人々に認知されていくでしょう。今後、デジタルサイネージがキッカケとなって新たな待ち合わせ場所になることも増えていくかもしれません。

活用方法③広告の集中管理

デジタルサイネージが広告市場の拡大に貢献している理由は他にもあります。多数の配信拠点を本部で集中管理し効率的な運用が行えるデジタルサイネージは、運用コストの削減にもつながるのです。全国各地や世界に多店舗展開している店舗や、交通広告としてデジタルサイネージを利用する交通機関は、多数の配信拠点を抱えており、このメリットを受けることができます。

同じ広告を多くの場所に掲示している場合、人手だけで広告を変更するとコストがかかってしまいます。デジタルサイネージによって、人手のコストを1か所に集中させることができるのです。

活用方法④駅の広告

毎日の通勤・通学、買い物、旅行目的などで多くの人が行き交う駅への広告出稿は、大変効果が高いです。

 

駅の広告スペースは近年、続々とデジタルサイネージへと変わりつつあります。大きな駅を歩いているとよく見かけるようになっています。これまで、駅の広告掲出に関しては1つのコンテンツを「何日から何日までポスターを掲示」という「日単位」を掲出期間と定め、運用されてきました。ところが、デジタルサイネージに変わったことで、1日の間で時間軸でいくつものコンテンツを出すことができるようになりました。

活用方法⑤動画の活用

 

デジタルサイネージでは映像動画を流すことが可能です。写真や文章だけでは伝わりにくい実際の雰囲気や音なども映像動画であれば具体的に伝えることができます。人間は5感覚の内、8割を視覚情報に依存していると言われていますが、その視覚をうまく利用して、さらに止まっている静止画だけでなく、動きのある動画を活用することで、見ている人によりインパクトを与えることができます。

 

例えばアトラクションの迫力や魚の新鮮さなどを伝えたい場合、写真だけで伝えるよりも、実際にアトラクションが動いている様子や魚を加工したりしている様子を見せたほうが顧客に関心を持ってもらえるでしょう。

 

マルチディスプレイによる迫力ある映像、高精細で、自然の色を見事に再現した美しい映像が、お客さまを惹きつける大きな魅力となっています。

活用方法⑥オフラインとの連動

デジタルサイネージを採用するからと言って、これまでの広告を放棄しなければならないわけではありません。

 

例えば、ポストに入れたチラシ広告を見て、関心を持った人が店舗に来て、そこでデジタルサイネージによって、より具体的なイメージを持つなど、オフライン広告との連動による広告効果の最大化も考えることができます。

デジタルサイネージの活用方法|まとめ

この記事では、効果が高いサイネージの活用方法についていくつかご紹介しました。効果の高い方法はいくつもあるので、自社がどれに相性が良いのか、絵検討してみてください。

・頻繁なコンテンツの入れ替え

・地域活性化

・広告の集中管理

・駅の広告

・動画の活用

・オフラインとの連動

サイネージは必要となる場面に合わせて活用の仕方が異なります。
より具体的な宣伝の活用方法やシステムや、機器の価格、ページ作成の費用などは別記事で紹介しています。

サイネージの導入を検討している人はこちらへ
https://droots.inc/

プレゼン
最新情報をチェックしよう!