医療のデジタルサイネージの導入事例

医療でのデジタルサイネージの役割について

街で見かけることも多くなったデジタルサイネージですが、本来の目的である広告以外においてもさまざまな分野で活用が進んでいます。

企業の受付や社員が集まる共有スペースでの情報発信など、その活用方法もさまざま。

多くの患者が訪れる医療機関においてもデジタルサイネージは活用されているのですが、どのような事例があるのでしょうか。

院内の資料の提供や待合室での案内、健康番組の放映のモニターなど使い道はたくさんありそうです。

今回の記事では、医療機関におけるデジタルサイネージの導入事例を紹介するとともに、今後医療機関はどのように変わっていくのかについても解説していきましょう。

クリニックや、医療向けの会社で導入や利用を考えている人は必見の内容になりますのでみていってください。

医療でのデジタルサイネージ

他の記事では、導入事例(受付、社員の営業用、店、情報の伝達の連絡網など)や、より詳しいオフィスサイネージの概要をコラムにして書いているので見ていってください。

デジタルサイネージの役割とは何なのか?

医療でのデジタルサイネージ

そもそもデジタルサイネージとは大画面の液晶ディスプレイに広告などのコンテンツを表示させ、多くの人に対して広告コンテンツを発信することを目的として開発されました。

従来のポスターや看板などに比べて、テレビCMのようにさまざまな表現が可能になるため、広告の価値や効果を高めることができるのです。

しかし、不特定多数の人が訪れる場所に設置するということは、広告に限らずさまざまな情報を共有できることも意味しています。

たとえばショッピングセンターや公共交通機関などでは、広大なフロアを案内するためにデジタルサイネージが活用されており、案内を行う担当者を配置しなくてもデジタルサイネージがその役割を果たすようになっています。

一般企業が入居するビルなどでは、エントランスに自社の製品やサービスの広告や、フロア案内にもデジタルサイネージが活躍しているほか、多くの社員が集まる社員食堂や共有スペースなどには業務連絡を行うためにデジタルサイネージが活用されている事例もあります。

このように、デジタルサイネージの本質を追求していくと、広告も含めたさまざまな情報を発信することが重要であり、本来は担当者が行うべき役割もデジタルサイネージが担ってくれているのです。

医療現場にデジタルサイネージが求められる理由

 

ここからは、今回の本題でもある医療現場とデジタルサイネージの関連性について詳しく紹介していきましょう。

一口に医療機関へのデジタルサイネージ導入といっても、さまざまな用途と役割が考えられます。

今回はその中でも代表的かつ重要なポイントを3つピックアップしてみました。

医療でのデジタルサイネージ

医療現場の人手不足

まずは医療現場における慢性的な人手不足です。

医師や看護師といった専門的な資格をもつ人材不足だけではなく、患者の一次的な窓口となる受付の人材も不足傾向にあります。特に規模が大きい病院になると、初めて来院した患者にとっては目的地までの道のりが分からず、迷ってしまうことも多いでしょう。

高齢者が多く来院する病院では、患者を目的地まで案内しなければならないことも多く、それだけに時間がとられていては肝心の医療サービスの質も低下してしまいます。

そこで、病院内にデジタルサイネージを設置しておけば、現在地と目的地までの道案内などもサポートできるほか、患者の呼び出しや診察の待ち時間なども随時アップデートして情報を共有することができるようになるはずです。

新型コロナウイルスによる影響

新型コロナウイルスによって人との接触を極力削減する方法が検討されていますが、なかでも大きな影響が考えられるのが医療機関です。

デジタルサイネージのなかにはタッチパネルによってさまざまな操作ができるものもありますが、不特定多数の人が触れたタッチパネルは衛生上の懸念もあり、安心して操作ができるとはいえません。

そこで現在注目されているのが、音声によって操作ができるタイプのデジタルサイネージです。

その名の通り人間の声を聞き取り、声によって指示を出すことができるためデジタルサイネージに触れる必要がなく安心して操作できます。

さまざまな患者への適切な情報伝達

病院に訪れる患者のなかには、耳が聞こえづらい高齢者や、周囲の雑音によって呼び出しのアナウンスが聞こえづらいケースもあります。

そのような場合でも、デジタルサイネージが導入されていると待ち合い室のなかで番号が表示されるため、自分の順番を逃す心配がありません。

 

目の不自由な人や、小さい番号が見えない患者の場合は、デジタルサイネージとスピーカーによって音声で呼び出すシステムを構築することもできるため、さまざまな事情を抱えた患者に対応できるはずです。

デジタルサイネージによって医療はどう変わるか

 

医療でのデジタルサイネージ

デジタルサイネージを導入することによって、医療機関が抱えている深刻な人手不足の解消に役立つと考えられるほか、新型コロナウイルスに対応するための新しい生活様式にも役立つと期待されます。

さまざまな情報発信が人と人との直接的なコミュニケーションではなく、デジタルサイネージのようなツールを介すことによって接触が軽減され、結果として感染リスクも減少すると考えられるでしょう。

医療現場における業務効率化は、医療従事者の負担を軽減するだけではなく、将来的な医療崩壊を防ぐうえでも重要な対策のひとつといえるのです。

売上をあげ業務の活性化のためにもオフィスサイネージの導入を検討している方はこちらへ
https://droots.inc/

医療でのデジタルサイネージ
最新情報をチェックしよう!