駅のデジタルサイネージの活用方法

デジタルサイネージは最近では東京メトロ、東武、京急、西武、横浜駅、新宿駅、秋葉原駅などたくさんの場所でデジタルモニターとして見かけられます。車内や乗り換えの通路だけでなくニュースや屋外ビジョン、イベント、会社の自由通路に案内の役割として掲載されていることもあります。今ではネットワークを活用しクラウド型サイネージなども出てきておりお客様でも気軽に取り扱うことができます。
最近では東京の各駅の中央にセットされていたり、乗り換えの中央路のエリアやspメディアなどに設置されており、注目されているツールになります。

他の記事も紹介しているのでご覧ください。

駅のデジタルサイネージの活用方法

 

毎日通勤や通学で電車を利用している人も多いのではないでしょうか。これまで駅広告といえば看板やポスターが一般的な存在でしたが、近年デジタルサイネージとよばれる新しい技術を使った広告が広がってきていることをご存知でしょうか。
最近では東京駅やjr、改札内、自由道路や乗り換えの際によくみかけるのではないでしょうか?

今回の記事では、駅広告にはどのような種類のものが存在しているのかを紹介するとともに、今後予想される駅広告などのメディアの変化や将来ビジョンについても解説していきます。

電車

 

デジタルサイネージ|駅広告の市場

 

電車

全国の駅には多様な広告が展開されています。駅構内を見渡してみても、いたるところにポスターやリーフレット、看板などが設置されており、広告を出している業種もたくさんあります。1日に多くの人が利用する駅においては、それだけプロモーション効果が高いことがうかがえます。

広告代理店大手の電通が2018年に調査した結果によると、駅広告を含む交通広告の市場は2,025億円。このなかには電車の車内広告やバス、タクシー広告なども含まれているものの、利用客数から考えても電車や駅広告の比率が高いことは言うまでもありません。

ちなみに交通広告に限らず全ての媒体を比較してみると、2018年の広告費は全体で6兆5,300億円。テレビやインターネット広告費が大半を占めており、交通広告の比率としては3%程度となっています。比率で見ると小さな数字ではありますが、実際に2,000億円という金額を見ると交通広告の市場規模そのものは決して小さくないことが分かります。

デジタルサイネージ|主な駅広告の種類

一口に駅広告といっても、さまざまな種類があります。なかでも代表的な駅広告の種類について紹介しましょう。

電車

デジタルサイネージ

駅広告のなかでも最近急激に増えているのがデジタルサイネージです。大型の液晶ディスプレイによって、静止画はもちろん動画によるプロモーションも可能。従来のような看板やポスターよりも、動きがあるというだけで多くの人の目を惹き付けることができます。配信するコンテンツも簡単に変更できるため、たとえば朝の時間帯と昼、夜の時間帯でターゲットに合わせて展開する広告の内容を変えることもできます。

 

駅看板

ホームで電車を待っているときに、反対側の壁面に掲載してある大型の看板です。自然と目に入る看板のため広告効果は非常に高く、長期間にわたって掲載するケースが多いのも特徴のひとつ。対象路線沿線または当該駅周辺にあるお店や企業、クリニックなどが多く展開している傾向があります。

 

大型シート

駅の改札とホームを行き来する階段を降りる際に、正面の壁面に掲示する大型の看板やポスターです。駅広告のなかでもサイズが大きく、横長のサイズのため大きなインパクトを与えられる効果があります。地下鉄などの駅はもちろんですが、新幹線の主要駅にも大型シートは多く採用されており、地元の銘菓や特産品、大手企業の新商品などもよく掲載されています。

 

ベンチ広告

ベンチの背後に掲出されている小型の看板がベンチ広告です。一見地味で目立たないのではないかと思われがちですが、電車を待っている間、ベンチの場所を探す人は多いため広告効果は高いといえるでしょう。

 

駅貼りポスター

駅構内の壁面や階段脇の壁面などに掲出されているのが駅貼りポスターです。ポスターのサイズもさまざまで、B0やB1といった大型のものも掲載可能です。特に階段脇の壁面にはポスターを連貼りすることで、視覚的にもインパクトのある広告が展開可能です。

 

紙からデジタルサイネージへ

 

電車

特に首都圏の駅や新幹線の駅などにおいては、従来の看板やポスターから徐々にデジタルサイネージへと需要が高まっており、目にする機会も増えてきました。駅構内だけではなく、山手線をはじめとした車内広告にもデジタルサイネージが活用されはじめ、駅広告を含めた交通広告市場はさらに活性化しつつあります。

デジタルサイネージは多くの人の目を集めるため広告効果が高いというだけではなく、ポスターや看板の貼り替えの仕事が大幅に軽減するといったコスト面でのメリットも大きいです。これまで多くの人手を要していた貼り替えの仕事も、オンライン経由で瞬時に実行できるため人件費が削減できます。

デジタルサイネージは駅広告以外においても徐々に広まっていますが、多くの人が目にする駅広告がデジタルサイネージにシフトしたことによって、この流れは媒体を問わずさらに加速していくと考えられています。

 

駅でのデジタルサイネージ|まとめ

デジタルサイネージ

サイネージは先進的なイメージを与え多くの通行客の目を惹く広告媒体です。広告そのものの認知率を向上させることはもちろんですが、企業のイメージアップなどいろんななメリットが考えられます。最近では働き方改革の機運も高まり、多種多様な企業が効率的な働き方を模索している最中ともいえる時期です。サイネージを活用することによって、ポスターや看板の貼り替え作業にかかる人員やコストが最小限に抑えられ、働き方改革にも大いに貢献できることでしょう。
紙媒体からどんどん変わっていき、広告の枠も今ではとても価値あるものになっています。街頭ビジョンやjr、東京駅も変わっていっています。

多くの人が目にする駅広告は時代を敏感に反映するものでもあります。駅広告が従来のポスターや看板からサイネージへと移行していくことは、今後ますますデジタル化の流れは加速し、先進技術も活用した革新的な広告も登場してくると期待されます。

商品の詳細や、会社で導入を検討している方に製品の概要を詳しく見たい方はこちらへ
https://droots.inc/

電車
最新情報をチェックしよう!