AI技術でデジタルサイネージはどう変わる?

広告業界に新たなソリューションとして登場したデジタルサイネージは、本来の広告という役割だけではなく業務効率化や生産性アップなどさまざまな付加価値も生み出しており技術も進歩しています。

今後さらなる進化が予想されているデジタルサイネージの業界において、今もっとも注目されているのがAI技術との融合です。

スマートフォンやさまざまな家電製品にも活用されているAI技術がデジタルサイネージと融合することにより、具体的にどのような変化が生まれるのか、今回はデジタルサイネージの将来や技術についても詳しく紹介していきます。

ai

デジタルサイネージとは、顧客に応じた分析や店舗でメニューの表示やリアルタイムで画面が変わるデジタルのメディアです。ビジネスシーンでも使われており、デジタル化することで次の開発をするための情報や分析などもすることができます。最近では商業施設でも使われており一般の方でも管理や画面の更新も容易になっております。
iotが進んでいる中でトレンドを取り込んだ製品・機能の性能を向上するためにあらゆる開発が進んでいます。

他の記事では屋外、交通機関、会社、屋内、病院での導入事例や、ホテル、大型広告、企業内での情報発信、様々な費用(ネットワーク利用料、機器、映像・動画制作など)、商品の販売目的に合わしたデジタルサイネージの使い方も紹介しています。
2020年今日では画像等を扱うソフトが簡単なものになっており、扱いやすい環境になりました。そちらに関しても他の記事を参照ください。

  1. デジタルサイネージのレンタルについて
  2. デジタルサイネージの活用事例について
  3. デジタルサイネージはレンタル?購入?
  4. デジタルサイネージ|タッチパネル式の価格
  5. デジタルサイネージの画面サイズの選び方
  6. デジタルサイネージの価格相場
  7. デジタルサイネージの輝度について
  8. デジタルサイネージの活用|働き方改革
  9. デジタルサイネージ|店舗での成功事例

デジタルサイネージ技術|生い立ち

tv

そもそもデジタルサイネージとは、デジタル技術を活用した広告(サイネージ)として登場した歴史があります。はじめはビデオ再生機を接続したテレビにさまざまな商品のプロモーション映像を流していたのがルーツであります。

その後液晶ディスプレイが登場したことによって、ポスターや看板のように狭い場所でもデジタルサイネージが設置できるようになったのです。

ほとんどのデジタルサイネージは一方的に商品のプロモーション映像や案内したい内容を一方的に流すものですが、それでも従来のポスターや看板を設置するよりも圧倒的に情報量が多く、高い広告効果が見込めるメリットがあります。

しかしその後、2010年代以降になるとスマートフォンやタブレット端末の普及によって、タッチパネルによって操作をするデバイスが一般的になり、デジタルサイネージにもタッチパネルを採用した製品が多く登場するようになりました。

建物のフロア案内や観光スポットでの目的地案内など、それぞれのユーザーが欲しい情報をリクエストしデジタルサイネージがそれに答えるタイプも登場してきたのです。

 

デジタルサイネージ技術|これからの変化

 

innovation

時代とともに進化を遂げてきたデジタルサイネージですが、今後さらに速いスピードで進化していくことが予想されています。そのカギを握っているのが「AI(人工知能)」。

たとえば現在、一部の駅構内などでは自動販売機の前に立った人の属性に合わせ、ニーズにマッチした飲み物を選択肢に取り込むソリューションも導入されています。

たとえば若い男性が立った場合にはエナジードリンクやコーヒー、女性が立った場合には健康志向のお茶や野菜飲料など、求めるニーズに沿った選択肢を提案することで売り上げを伸ばすことが期待されます。

 

これと同様に、デジタルサイネージにおいても女性には化粧品やエステの広告、男性にはアウトドアや自動車など、さまざまなコンテンツを切り替えて配信することができます。

このような属性を絞った広告は、現在インターネット上では当たり前の存在になっていますが、今後はデジタルサイネージの世界でもスタンダードなものになっていくと予想されます。

また、タッチパネル型のデジタルサイネージの次には、音声を使った対話型のデジタルサイネージも一般化していくでしょう。

ショッピングセンターなどで両手に荷物を抱えていたり、子どもを抱きかかえた人であっても簡単に操作できるため、高いニーズが見込まれます。公共交通機関や観光地においては、外国語に対応できるスタッフがいなくても音声対話型のデジタルサイネージがあれば最小限の案内も可能になるはずです。

 

デジタルサイネージ技術|AI活用の一例

音声

今後のデジタルサイネージにはAIのスキルが採用されていくことはほぼ確実といって良いですが、一口にAIといってもさまざまなものがあります。

たとえば先ほどの例で紹介した、ユーザーの属性を見極めるためには画像認識とよばれる機械学習システムが採用されます。

これは膨大な画像をコンピュータに学習させ、さまざまな傾向をもとにコンピュータが判断できるようにするシステムです。たとえば男性を女性を見極める場合は、髪の長さやヘアスタイル、着ている服の特徴、顔の骨格や形状など、さまざまな要素があります。

私たち人間も男性と女性を見分ける際にはさまざまな要素や経験をもとに判断していますが、これと同じことをコンピュータ上でも実現しようというのが画像認識システムです。

 

また、音声対話型のデジタルサイネージに活用されるのは音声認識と自然言語処理の機械学習システムです。

音声認識とはその名の通り、人間が発した言葉を文章化するためのシステムで、文章化した内容をコンピュータが意味を理解する際に活用されるのが自然言語処理です。

音声認識は人間の赤ちゃんが言葉を覚えていくのと同様に、さまざまな人が発した言葉をコンピュータに学習させ、音声を文章に起こす作業を行います。

人によっては声のトーンや大きさ、話し方の特徴など千差万別のため、膨大なデータをもとに判断しなければなりません。

 

また、自然言語処理も微妙な文法の違いや言い間違いなどをある程度許容し、最終的にその人が言いたいことを集約するような仕組みが求められます。

 

デジタルサイネージ技術|AIによって革新

デジタルサイネージ

今回紹介したデジタルサイネージへのAIの活用は、あくまでも一例に過ぎません。

画像認識や音声認識、自然言語処理だけではなく、ほかにも複合的にさまざまなテクノロジーと融合させることによって広告効果を高めていくことができるようになると考えられます。

技術的な問題だけではなく、プライバシーの保護など法律的な問題に直面するケースも考えられますが、今後はそのような課題も含めて広告業界を革新していくことが求められています。

2020年今日では年齢や状況に応じて複数のターゲットに対してマーケティングの効果を発揮することができビジネスシーンでサイネージが提供されるようになっていました。

ショッピングモールではセンサー技術が向上しインタラクティブに動くものがあり顧客が店の情報収集を自動でできるものや体験型のものもあります。
今後のサイネージ業界に注目ですね。

サービスの導入を考えている、製品の詳細を見たい方はこちらへ
https://droots.inc/

AI
最新情報をチェックしよう!