デジタルサイネージの効果やメリットについて

近年、広告業界において大いに注目されているデジタルサイネージ。デジタル技術を活用した広告によって表現の幅が広がり、これまでにない革新的な訴求ができると期待されています。しかし、従来の一般的なポスターや看板に比べると、導入のハードルが高くはっきりとしたメリットや効果が見えにくいのではないかといった懸念を抱く人も少なくありません。

そこで今回の記事では、デジタルサイネージを導入することによってどのような効果やメリットが得られるのか、いくつかのポイントを詳しく解説していきます。これからデジタルサイネージの導入を検討している人はもちろん、デジタルサイネージの基本がよく分からないという方も、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。

電子看板

デジタルサイネージとはイベント、会社の案内、駅のホームや店舗、屋内等の店の商品一覧を表示したり、病院で活用されている情報を共有するデジタルモニターです。
目的にあったマーケティングにより製品も異なり、時間帯やスペースによってコンテンツの作成も工夫できる代物になっています。
商品の購入に繋がるやり方や情報共有するやり方など様々です。
最近ではコンテンツ作成や機能の操作が簡単なことが特徴でダウンロードやメディアの作成も容易になっています。


他の記事では広告媒体としてデジタルサイネージや電子看板を屋外や店頭で利用したい人に向けた記事も発信しています。
導入前に起こりうるシステムの不具合や動画の問題なども掲載しております。

  1. デジタルサイネージの活用事例を紹介
  2. デジタルサイネージの仕組みについて
  3. デジタルサイネージ成功事例|導入の流れ
  4. デジタルサイネージの仕組み|stb
  5. デジタルサイネージ|コンテンツ制作
  6. デジタルサイネージの価格相場
  7. オフィスサイネージの活用事例
  8. デジタルサイネージ活用事例|海外
  9. デジタルサイネージの効果が高い活用方法
  10. デジタルサイネージと5Gについて

デジタルサイネージ効果|メリット

まずはデジタルサイネージを導入することによってどのようなメリットがあるのか、今回は3つのポイントに絞ってご紹介します。

デジタルサイネージ

メリット①ポスター貼り替えの手間が減る・業務効率化

大型のディスプレイやプロジェクターなどを活用して広告を展開するデジタルサイネージは、従来のようにポスターや看板といった媒体とは異なり、紙や看板の掛替作業を行う必要がありません。たとえば毎週、毎月ごとにキャンペーンが変更され、ポスターの貼り替え作業に多くの時間を割いていた場合であっても、デジタルサイネージを導入することによって最小限の労力で対応できるようになり業務効率化にもつながります。

 

ちなみにデジタルサイネージといってもさまざまな種類があり、ネットワークを経由してデータが更新されるものもあれば、スタンドアロン型でネットワークに接続されていないタイプのものも存在します。たとえば複数箇所にデジタルサイネージを設置する場合であれば、ネットワークを経由して一括で更新できるタイプのものが有効といえるでしょう。

 

メリット②多くの人の目を集めやすく視認性向上

たとえば毎日通勤するビルのなかにポスターが貼ってあったとしても、意識的に目を向けてみないと分からないものです。多くの場合は壁面やドアなどに掲示され、ポスターのサイズも限られているため近くに行ってみないと内容が分からないものも多いでしょう。

 

しかし、デジタルサイネージであれば大型のディスプレイやプロジェクターによって圧倒的に視認性が高く、映像やアニメーションなど動きのあるコンテンツを流すこともできます。紙に印刷されたポスターを掲示するよりも圧倒的に多くの人の目を惹くことができ、それだけでも広告効果は向上します。

また、そもそもポスターだけでは表現が難しい内容も多く、短時間で理解できる内容を訴求したい場合にデジタルサイネージは有効な広告手段になるといえるでしょう。

 

メリット③ユーザーの特性に応じた訴求が可能

デジタルサイネージの3つ目のメリットとして挙げられるのは、ユーザーごとに表示するコンテンツを切り替えられる点です。たとえばパソコンやスマートフォンでWebサイトを閲覧したとき、最近ではユーザーごとに興味のありそうな広告が表示されるようになっています。これと同様に、デジタルサイネージも目の前に立った人物の性別や年代を瞬時に把握し、それぞれの特性に応じて興味のありそうな広告に切り替えられるものもあります。

 

同じ企業が提供している商品やサービスであっても、性別や年代ごとに明確にターゲットが分かれているケースは少なくありません。従来のように物理的にポスターを掲示して、一律ですべての人を対象にした広告を展開するよりも、ターゲットをピンポイントで絞って広告を露出することによって費用対効果を最大化できると期待されているのです。

 

デジタルサイネージ効果|導入メリット

デジタルサイネージそのもののメリットを3つご紹介してきましたが、実際に企業にとってはどのような効果が期待できるのでしょうか。今回は2つのポイントに絞って解説します。

コスト

人件費や印刷コストの削減

デジタルサイネージによってポスターの貼り替え作業が不要になると、さまざまなコストが大幅に削減できるようになります。たとえば毎月複数箇所に掲示されているポスターを張り替えるために、都度新しいポスターを印刷し現地に行って作業するとなると、印刷コストや貼り替えに必要な人件費が必要になってしまいます。

しかし、デジタルサイネージを導入しオンライン上から広告コンテンツを一括して更新できるようになると、それらのコストも大幅に削減されるはずです。もちろん、デジタルサイネージ側でネットワークに接続するために毎月一定額の通信費用はかかってしまいますが、それ以上にポスターの印刷代や人件費の節約効果のほうが高いケースも多いです。

仮に長期にわたって掲示する広告の内容が変わらない場合であっても、ポスターの劣化や破損によって貼り替えが必要なリスクを考えると、やはりデジタルサイネージによるコスト削減の効果は高いといえるのではないでしょうか。

 

商品やサービスの売上アップ

サイネージを活用することによって広告を見るユーザー数が増えれば、それほど商品やサービスの認知度もアップし売り上げにつながることにもなります。また、ユーザーの特性ごとに広告コンテンツを変えることで、訴求力が増し従来のポスターとは比べ物にならないほどの効果を生む可能性も十分あります。

デジタルサイネージ効果|スタンドアロン型

スタンドアロンで運用する

デジタルサイネージにはネットワーク接続に対応したものと、ネットワークに接続しないスタンドアロンタイプが存在します。

ネットワーク接続に対応しているとオンライン上からコンテンツの配信や入れ替えが簡単にできる一方、毎月の通信コストがかかってしまいます。

また、スタンドアロン型に比べてデジタルサイネージ本体の購入価格やレンタル料金も高額になりがちです。

ネットワーク対応型のデジタルサイネージの導入がおすすめなのは、複数店舗を経営していて広告コンテンツの更新を効率化させたい場合など。

一方で、もし個人で経営している小規模な店舗にデジタルサイネージを導入するのであれば、通信費が節約できるスタンドアロン型のデジタルサイネージがおすすめです。

スタンドアロン型はUSBメモリやSDカードなどの記憶媒体を使ってコンテンツの入れ替えが必要ですが、小規模店舗で1台または数台程度のデジタルサイネージを運用するうえでは大きな手間に感じることもないはずです。

念のため他のタイプも紹介しておきます。

ネットワーク型

クラウド型

ネットワーク型とはネットワークを利用してダウンロードしたコンテンツを放映することができるタイプになります。
スタンドアロン型はコンテンツの更新に手間がかかるのが欠点が欠点ですが、ネットワーク型は広告の差し替えが容易で遠隔操作ができ手間が少ないことが特徴に挙げられます。

しかしネットワークを利用するため情報漏洩が起きる可能性は少なからずあったり、コストが高いことが特徴になります。

ブロードキャスト型

デジタルサイネージ タッチパネル

ブロードキャスト型とはよく駅や病院等で設置されている形です。インターネットを利用していますが顧客とのコミュニケーションは取れず、ユーザーが操作をすることができません。なので広告側が一方的に情報を流す際に使われます。
通行人など、ブロードキャストの周辺にいる顧客全般に向けた情報の発信ができるのと、インターネットを利用しているので複数のディスプレイを同時に更新できることも特徴に挙げられます。

インタラクティブ型

デジタルサイネージ

インタラクティブ型はよくショッピングモールなどで見かけられるものです。タッチパネルを使うことで顧客が知りたい情報を出すことができるので一つのコミュニケーションのようなものを双方向的にとることが出来ます。特徴としてはユーザーがすぐに知りたい情報を検索することができ、案内の役割などを果たしていることです。

デジタルサイネージ効果|まとめ

今回紹介してきたように、サイネージは従来のポスターや看板にはない多くのメリットを生み出すことができます。人件費や経費の削減といったコスト面のメリットはもちろんですが、何よりも広告コンテンツに対する注目度が上がることが最大のポイントといえるでしょう。

自社の広告戦略を見直し、売上と収益アップにつなげていきたいと考えている方は、ぜひサイネージの導入を検討してみてください。

デジタルサイネージ
最新情報をチェックしよう!