デジタルサイネージの病院での導入事例

デジタルサイネージは商業施設の販売促進や公共交通機関のフロア案内などに活用されている光景をよく目にしますが、実はこれ以外にもさまざまな用途があります。なかでも最近導入が活発化しているのが、病院内におけるデジタルサイネージの活用です。
今回の記事では、病院内でデジタルサイネージがどのように活用されているのか、病院内での具体的な事例をいくつかご紹介していきましょう。

デジタルサイネージとは病院以外にもクリニックや会社内での情報発信や全国の屋外ビジョンで利用されているデジタルの媒体になります。
今では制作されたコンテンツの入れ替えがとても簡単になり、変更があればすぐに対応できるシステムになっています。パワーポイントなどのソフトを扱うと動画の更新や発信などとても簡単なので注目のサービスになっています。

他の記事では株式会社内での案内や、提案の際の資料表示、商品の一覧への導入事例も紹介しています。他にもコンテンツの内容のポイントやデザインの作成方法も紹介しています。これらの記事を見ることでデジタルサイネージの知識を深めることが可能です。

病院

デジタルサイネージ病院|医療に関連する情報提供

医療

病院に来院した患者の多くは、病気やケガによって健康に不安を抱えています。病院は病気やケガの治療を行うことはもちろんですが、患者の心理的負担を軽減するためにさまざまな情報を提供するという役割も担っています。
たとえば「こんな症状があったらこのような病気の可能性もある」「医療費を軽減するためにこのような補助金や支援金の制度がある」「病気の予防のためにはこのような対策が有効」など、さまざまな情報がポスターやパンフレットなどでも周知されています。
しかし、本当に伝えたい情報が全ての患者に伝わっているかといえば、必ずしもそうとは限りません。そこで、デジタルサイネージを導入することにより、一般的なポスターやパンフレットを見ない患者に対しても目に入りやすくなり、自分にとって必要な情報に触れられます。
情報提供の精度を上げるために、内科や外科、皮膚科など、その分野に合った情報を選択して流すコンテンツを変えてみるのもおすすめです。

デジタルサイネージ病院|待合室での案内

椅子

多くの患者が来院する大規模な医療機関になると、待合室で待機する時間が長くなり呼び出しのタイミングで患者がいないケースも出てきます。また、耳が不自由な方や高齢者には、看護師の呼び出しが聞こえないことも多く、スムーズに診察が回らないことも。
そのような問題を解消すべく、待合室に大型のデジタルサイネージを設置し、現在呼び出し中の番号や待ち時間の目安を掲示している医療機関もあります。これは市役所や銀行などでも多く採用されている事例で、患者の個人情報に配慮し氏名ではなく番号で呼び出しているところも存在します。
診療科での待合室のほか、会計の待合室や処方薬を提供する際にもデジタルサイネージを活用し、効率化を図っている施設が増えています。患者にとっては待ち時間の目安が分かりストレスが軽減されるほか、看護師や医師にとっても何度も患者を呼び出す手間が減り、診療に専念できるメリットがあります。

デジタルサイネージ病院|ニュースや天気予報

天気

待ち時間が長くなると、多くの人はストレスを感じてしまうもの。そこで、少しでもストレスを軽減するためにデジタルサイネージでニュースや天気予報などの情報を提供する事例があります。テレビを設置している医療機関もありますが、一般的な時事関連のニュースだけではなく、医療関連の患者にとって役立つ最新のニュースコンテンツを流すためにはデジタルサイネージの活用が不可欠。
また、天気予報は熱中症やヒートショックとも関連性が高いため、特に高齢者が多く来院する医療機関では重要な情報といえるでしょう。さらに、最新のニュースや天気予報は災害発生時にも欠かせないもので、リアルタイムで正確な情報を提供する意味でもデジタルサイネージは重要な役割を果たします。
多くの医療機関では、これらの情報も含めながら医療機関独自のコンテンツを組み合わせてデジタルサイネージを活用しており、待合室で患者が飽きないような工夫もされています。

デジタルサイネージ病院|子ども向けコンテンツ

診察

小児科など、小さな子どもが多く来院する病院では子ども向けのコンテンツが配信されています。あまりにも待ち時間が長くなると子どもが泣いてしまったり、院内を走り回ったりして他の患者に迷惑をかけてしまうことも少なくありません。そのようなことを未然に防ぐためにも、子どもの興味を惹くようなコンテンツをデジタルサイネージで放映し、落ち着いて待ってもらえるような工夫が必要です。
また、子どもによっては医療機関に来るだけで緊張して体調を崩してしまうケースもあります。緊張をほぐし、リラックスした状態で診察に臨んでもらうためにも、アニメやゲーム、クイズなどのコンテンツを用意しておくと効果的です。
もうひとつのデジタルサイネージの活用としては、診察を担当する医師や看護師の顔を出しておく方法もあります。初めて病院を訪れる子どもにとっても安心感を与えることになり、スムーズに診察ができるはずです。

デジタルサイネージ病院|スムーズな診察に不可欠

デジタルサイネージ

デジタルサイネージは単に情報共有のための手段ではなく、病院を訪れた患者の心理的負担を軽減する役割も担っています。医師や看護師にとっても患者のケアがしやすくなり、スムーズな診察の実現にも貢献するツールなのです。
これからデジタルサイネージの導入を検討している医療機関はもちろんですが、すでに導入している場合もあらためて活用方法を見直してみてはいかがでしょうか。

最近のサイネージは機能や機器が向上しており情報伝達のスピードが早くなっています。さらに種類もスタンド型など豊富でお客様がイメージファイルやページを画面で一括操作することも簡単なソフトが出て来ました。
これからのデジタルサイネージ業界に注目です。

サイネージを検討している方はこたらへ
https://droots.inc/

デジタルサイネージ 病院
最新情報をチェックしよう!