デジタルサイネージを活用した成功事例

デジタルサイネージ成功事例

デジタルサイネージの活用事例として、飲食店や市役所のケースをピックアップしてきましたが、これ以外にも多くの店舗や会社でデジタルサイネージは活用されています。

そこで今回は、さまざまな業種の事例をもとにデジタルサイネージの有効的な活用方法を4つのパターンに分けて紹介します。

現在経営しているお店や会社で今後デジタルサイネージを導入しようと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

デジタルサイネージとは、株式会社でのコミニュケーションのツールとして使われていたり、顧客の来店時にリアルタイムでページを変えたり、商品の購入を促すサービスとしてとても効果的なデジタルの媒体です。今ではユーザー向けにコンテンツのダウンロードやページ・動画の管理などとても簡単なシステムを提供しています。

他の記事では病院、イベント、大型モール、案内、商業施設、電車などの交通機関などの施設での設置事例や社内の情報発信としての導入事例も紹介しています。製品の特徴や映像・機器のコストについても紹介しているので見ていってください。

最近ではニュースなどにも利用されており様々な業種の企業に活用されています。

  1. デジタルサイネージのレンタルについて
  2. デジタルサイネージの活用事例について
  3. デジタルサイネージの自作でコンテンツ制作
  4. デジタルサイネージ|コンテンツイラストの作成方法
  5. デジタルサイネージの病院での導入事例
  6. デジタルサイネージのスーパーでの導入事例
  7. デジタルサイネージの不具合について
  8. デジタルサイネージの効果やメリット
  9. デジタルサイネージの成功事例|役所
  10. デジタルサイネージの価格相場
  11. デジタルサイネージ|コンテンツ制作
  12. デジタルサイネージの成功事例|海外
  13. デジタルサイネージ|タッチパネル式の価格
  14. 駅のデジタルサイネージの活用方法

デジタルサイネージ タッチパネル

 

デジタルサイネージ成功事例|車屋

カーディーラーでの成功事例

新車や中古車の販売、およびメンテナンスなどを手掛けるカーディーラーでは、新型車の広告やディーラー独自のキャンペーン、セール情報などもデジタルサイネージで訴求しているお店が増えています。

自動車メーカーによっては数ヶ月ごとに新型車の情報が入れ替わることも多く、ポスターや看板、のぼり旗などの架替作業には多くの人的コストがかかってしまいます。

しかし、デジタルサイネージであればデータを入れ替えるだけなので物理的な手間もなく作業効率化に貢献できます。

また、カーディーラーは商談の合間や点検、車検などの受付において、待ち時間が長くなってしまいがちです。

特に子ども連れのファミリー層の場合、子どもが時間を持て余して走り回ったり、店内で騒いでしまうケースも少なくありません。

そこで、キッズスペースなどにおいてデジタルサイネージでアニメキャラクターなどの子ども向けコンテンツを流しておけば、子どもも飽きることなく楽しめるはずです。

デジタルサイネージ成功事例|アパレル

 

アパレル店舗での成功事例

アパレルショップにおけるデジタルサイネージの活用事例としては、店頭のアイキャッチ用ツールとしての用途が多い傾向にあります。

従来のポスターや看板のような静止画では表現できない動きのあるプロモーションコンテンツは、それだけでお店の前を通る人の目を惹き、宣伝効果としては抜群です。

また、特にハイブランドなどを扱うショップの場合、ポスターの破れや色褪せ、汚れなどはブランドイメージを悪くしてしまいますが、デジタルサイネージであればそのような劣化の心配も要りません。

ハイブランドを売りにしてない一般的なアパレルショップの場合も、インパクトのあるアイキャッチ用ツールとして大画面サイズのデジタルサイネージを導入すれば、それだけで多くの人の目を集められるほか、セール情報や新作の情報なども広く宣伝できます。

デジタルサイネージ成功事例|コンビニ

 

コンビニでのサイネージ

週替りで頻繁に変わるキャンペーンや新商品が登場したタイミングにおいて、これまでは店頭スタッフの手によって毎回ポスターを張り替える作業が発生していました。

しかし、コンビニは非常に多くの業務に追われる一方で慢性的な人手不足が続いている業界です。

シフトの入れ替えのタイミングで情報伝達ミスが発生すると、ポスターの張替え忘れによって重大なクレームに発展することも考えられます。

店頭スタッフの作業負担を直接的に軽減してくれるツールとして、デジタルサイネージは有効な対策のひとつといえるのではないでしょうか。

デジタルサイネージ成功事例|美容室

美容室でのサイネージ事例

 

美容室では季節に対応した施術メニューやキャンペーンを独自に展開する店舗も多く、たとえばそれらの情報をデジタルサイネージとして店舗の入り口付近に掲示しておく方法もおすすめです。

掲示板に手書きの文字やイラストで訴求している店舗もありますが、手書きだからこそ高いセンスが問われ、デザインや手書き文字に自信がない人にとっては難しいもの。

しかし、季節ごとに新しいポスターを制作したり、張り替えたりする作業は意外とコストもかかり美容室の経営を圧迫してしまうことも考えられます。

そのような視点で考えると、コンテンツデータの入れ替えのみで対応できるデジタルサイネージのほうが長期的に安いコストで維持できるはずです。

個人で経営している小規模店舗であれば、大画面のディスプレイではなく小型のイーゼルと同等のサイズで通信機能がないスタンドアロン型のデジタルサイネージがおすすめです。

デジタルサイネージ成功事例|店舗

入り口

扱う商品やブランドなど、店舗や会社によっても消費者が抱くイメージはさまざまです。

広告や商品のプロモーションにおいても、消費者が抱くイメージを正確に把握したうえでニーズに沿った展開をしないとブランドイメージが低下し商品の売り上げに影響するケースもあります。

 

たとえば高級感を演出したい場合は質感の高いプロモーション映像をデジタルサイネージで流すなど、他社が行っていない先進的な広告展開をすることで優位に立てるかもしれません。

また、ブランドイメージの向上だけではなく、広告や販促物の準備においても従業員の負担を大幅に軽減できるため、特に頻繁に新商品が登場したりキャンペーンが入れ替わったりする店舗においてもデジタルサイネージは有効です。

紙のポスターや従来型の看板ではできないデジタルサイネージならではの強みをどう活かせるかを考えてみると、自社にとって最適な活用方法が見えてくるはずです。

他の記事ではサイネージの強み、弱みやより細かい内容や参考にすべき導入事例も紹介しています。

サイネージの導入を検討している方はこちらへ
https://droots.inc/

美容室でのサイネージ事例
最新情報をチェックしよう!